*

第246Q 「強者。歩くだけで他を踏み潰し、息をするだけで人を窒息させる。ただ圧倒的な存在。」

第246Q 「まだだよ」 第246Q「まだだよ」ストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決して折れることの無い心だった。 しかしいま、その心までも折れようとしている。 帝王・洛山高校

続きを見る

第244Q 「赤司を討たんとする天下分け目の『赤ヶ原』---次なる名乗りをあげるは『五将』同士!!」

第244Q 「アカンやろ」 第244Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

第245Q 「少しずつ、確実に、巨像にゆっくり踏み潰されるように。誠凛の心が、折られていく。」

第245Q 「奇跡は起きない」 第245Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。 誠凛の攻撃となり、日向にボールが渡る。 日向VS実渕。 実渕が日向のシュートタイミング

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

鉄心VS剛力 木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。 木吉は根武谷のパワーと技術の前にリバウンドをうまく取ることも出来なかった。 パワーだけではなく王者洛山のセンターである

続きを見る

第243Q 「夜叉が来たりて虚空を裂く---日向、一歩も動けず!!」

第243Q 「私の勝ちね」 第243Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第243Q 「私の勝ちね」

私の勝ちね 日向は焦っていた。 【天】と【地】2つのシュートだけでも厄介な上に、【虚空】という未知のシュートを目の当たりにし、勝てるのかどうかという思いに駆られていた。 繰り返される

続きを見る

第242Q 「誠凛高校主将・ブチ切れシューター日向順平。そのシュートの原点に---彼がいた。」

第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」 第242Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

複雑だぜ 日向は中学時代を思い出していた。 『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・アレン。そして、実渕玲央。』 実渕のシュートフォームは滑らかでキレがあってカッコいい、

続きを見る

プロフィール:黒子テツヤ(くろこてつや)

Basic Data:基本データ Name:名前 黒子 テツヤ(くろこ てつや) School:学校 誠凛高校 1年(キセキの世代) Height:身長 168cm Weig

続きを見る

第241Q 「黒子不在という圧倒的逆境の中、世紀の奇策【降旗VS赤司】で一矢報いた誠凛だが・・・!?」

第241Q 「悔しいよ・・・」 第241Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食らいつく。 そして黛へのパスコースは伊月が完全に防ぐことが出来ていた。

続きを見る

第225Q 「帝光中「キセキの世代」最後の夏、到来!!栄光の中で、輝かしい悲劇が幕を開ける—」

2013/12/03 | お知らせ

第225Q 「何か用か?」 第225Q 「何か用か?」のストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月のホークアイがミスディレクションの天敵であるがゆえに、順当ではある。 しかし、伊月に代わり赤司をマー

続きを見る

第240Q 「走った。吐いた。鍛えた。苦しんだ。どこのチームよりも・・・?どこのチームよりも。」

第240Q 「大マジメさ」 第240Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

第239Q 「そこにいるのに見えない。ここにいるのに見られない。これは、もう一つの影の物語」

第239Q 「気に入った」 第239Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本人が気にしていなかったこと。 そして相違点は、洛山高校に入学したことである。 黛千尋は黒

続きを見る

プロフィール:黛千尋(まゆずみちひろ)

Basic Data:基本データ Name:名前 黛 千尋(まゆずみ ちひろ) School:学校 洛山高校 3年 Height:身長 182cm Weight:体重 69kg

続きを見る

第238Q 「奇跡的存在でも無冠の逸材でもない、洛山最後のメンバー。お前は一体・・・何者なんだ?」

第238Q 「そっくりじゃねぇか」 第238Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

誠凛の思惑 同点で第1Qを終えた誠凛。 戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものもあった。 第2Qでは黒子を温存し、その間に対策を練ることにした。 勝つためには黒子の力が必要

続きを見る

第237Q 「影として。光の届かぬ暗闇の、その漆黒の煌きの中に生きてきた—はずだった。」

第237Q 「甘いんじゃない?」 第237Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

進化の代償 勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。 その黒子に対し、赤司は言った。 「幻のシックスマンでなくなったお前では、すでに並みの選手の価値もない。失望した

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第236Q 「破られた・・・・!?」

綻び始めた力 試合は第1Q残り4分。 火神のマークは赤司から葉山に戻った。葉山は火神をじっと見つめて言った。 「赤司にやられても諦めてないっ。まだまだ元気そうだね!戦意なくしてしょぼくれたや

続きを見る

第236Q 「このまま第1Qを押し切る!!ついにコートに復帰した黒子だが・・・!?」

第236Q 「破られた・・・!?」 第236Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第235Q 「最高じゃねーの?」

勝てるのか? 赤司のアンクルブレイクで火神は抜かれてしまう。 しかしすかさず、伊月がイーグルスピアを繰り出す。 誰もがボールを取ったと思ったが、赤司はこれすらかわ

続きを見る

第235Q 「ゾーン中の火神すら赤子扱い・・・。この男、神の領域」

第235Q 「最高じゃねーの?」 第235Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

第234Q 「その姿、鬼神の如し!!ゾーン火神大暴れで、序盤戦は誠凛が洛山を圧倒!!・・・・だが!?」

第234Q 「待ったなしや」 第234Qのストーリーダイジェストを読む

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第234Q 「待ったなしや」

エースの衝突 開始から3分30秒経過し、スコアは誠凛11-洛山5。 実渕玲央のスリーポイントにより、その差は6点まで縮まった。 ここでついに赤司が火神のマークに付く。 両者

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第233Q 「やばくねーか?」

開始早々いきなりゾーン全開の火神 開始早々、火神はゾーンに突入。 想定外の展開に、誠凛ベンチもざわつく。 リコもゾーンに期待はしていたものの、いきなりゾーンに入るとは思っていなかった。

続きを見る

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑