*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

公開日: : 最終更新日:2014/08/30 ストーリーダイジェスト

ラストリバウンド

最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外した。
木吉がリバウンドを取ると信じて。

このリバウンドを洛山がとれば、誠凛は負けてしまう。
最後のリバウンド勝負、木吉、根武谷、火神、実渕がボールに手を伸ばす。

kurokonobasuke-q274-2

そしてリバウンドを取ったのは木吉だった。
魂のラストリバウンド。
残り時間2.8秒。

kurokonobasuke-q274-4

「止めろっ!絶対撃たせるな!!」

洛山の監督が叫ぶ。

洛山の選手は必死で考えを巡らせる。

『誰でくる!?』

全員が自分のマークに最警戒する。
そのまま自分で撃つのか、それともパスか。
これが正真正銘最後のプレイだ。

その時、動きがあった。

『く・・・そっ・・ったれ・・・・が—–・・!!わかっていたのに・・・注意していたのに・・・!!それでもっ・・!誰かがシュートと思った瞬間・・・意識から消えちまった・・・!!存在感が希薄ということはこれほど脅威となるのか。幻のシックスマン』

黛も最大の警戒をしていた。
しかしそれでも、一瞬別の考えが浮かんだだけでその瞬間を突かれた。

kurokonobasuke-q274-5

ボクは、影だ

木吉からパスが飛ぶ。
その先にいたのは、黛のディフェンスをかわした黒子だった。

残り1.9秒。

kurokonobasuke-q274-6

「いけぇ黒子ーーー!!」

誠凛のベンチから声が飛ぶ。

kurokonobasuke-q274-7

シュート体勢に入る黒子。
しかし目の前を塞ぐ選手がいた。赤司だ。

黒子のシュートコースを塞ぐようにブロックに跳んだ赤司。

「終わりだ!!黒子!!!」

赤司に自分のバスケを見せるためにここまでやってきた黒子。
その記憶が一瞬蘇った。

kurokonobasuke-q274-8

kurokonobasuke-q274-9

「・・・いいえ。まだです。ボクは、影だ」

一瞬笑顔を見せた黒子は、赤司のブロックを大きく超えるように高くボールを放った。

kurokonobasuke-q274-10

試合終了

ゴールに向かって飛ぶボール。
そしてそこには、火神が走り込んでいた。

残り時間0.4秒。

「ぅおぉああぁああああああああ!!」

空中で火神の手に渡ったボールは、火神の叫びとともにゴールに叩きつけられた。

kurokonobasuke-q274-12

kurokonobasuke-q274-13

残り時間0秒。
誠凛106-洛山105

歓喜の渦に包まれ、タイムアップ。
誠凛高校がウインターカップを制した。

kurokonobasuke-q274-14

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

ついにウィンターカップ決勝 ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。 残り8秒。 全員がカウン

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第215Q 「がんばりましょう」

全中開幕 黒子の友人である荻原シゲヒロは、全中での黒子との対戦に向けて、熱のこもった練習に励んでい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第217Q 「行こうぜ」

勝利のために 全中二連覇のかかった決勝戦。 主将である赤司を始めとするキセキの世代は、試合を

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第247Q 「いやだ」

ファウルトラブル 日向は実渕の『地』のシュートによりシュート妨害のファウルを取られてしまう。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑