*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 ストーリーダイジェスト

何度でも

kurokonobasuke-q275-2

kurokonobasuke-q275-3
黒子のパスから、アリウープを決めた火神。
最後の最後で、誠凛は逆転を果たし、ウインターカップ優勝を決めた。

ウインターカップ史上初めて、洛山以外の高校が頂点に立った。
そして、その最強の王を討ったのは創部わずか二年目の奇跡の新生、誠凛高校だった。

「おおおぉおおぉお!!!」

「やったぁあ————-!!!!」

kurokonobasuke-q275-4

kurokonobasuke-q275-5

火神と黒子が叫び、チーム全員で喜びを分かち合う誠凛高校。

一方でその様子を外から見る洛山高校には、呆然とした悲しみが漂っていた。

『・・・・負けた。生まれて初めて・・・。これが敗北・・・。フッ。ひどいな・・形容し難い旨の痛みだ。とても整列まで平静を保つなど出来そうにない。だが・・・だからこそ思う。バスケットをやっていてよかった。そして・・お前に出会えてよかった。』

生まれて初めて敗北を味わう赤司。

「お前の・・・いや、お前達の勝ちだ。おめでとう」

赤司は黒子の前に立ち、手を差し出しながら言った。
その眼に、うっすらと涙を浮かべながら。

kurokonobasuke-q275-6

そしてすぐに表情を引き締め、続けた。

「・・・そして、覚悟しておけ。次こそ勝つのは【オレ達】だ」

赤司が、【オレ】という一人称ではなく、【オレ達】というチームを含めて言ったことに、黒子は少し驚きの表情を見せた。

kurokonobasuke-q275-7

「・・・・・はい。またやりましょう。次も、その次も、何度でも——」

黒子もその眼に涙を浮かべながら、赤司とがっちりと握手を交わした。

kurokonobasuke-q275-8

黒子は、自分のバスケを赤司に示すためにバスケを続けてきた。
そして今、赤司にそれを示すことが出来たのだ。

『これで全てが終わったわけじゃない。むしろ始まったばかりだ。これから何度でも、ボク達は戦える。大好きなバスケで何度でも——-』

kurokonobasuke-q275-9

次を目指して

「ウィース。・・・ってアレ?今日先輩たちは・・・」

火神は体育館につくと、日向達がいないことに気付いた。

「バッカ何言ってんだよ火神—-。木吉先輩の見送り!」

「ボケすぎだろもーいくら本人が見送りいいっつったからって・・」

降旗たちが口々に火神に答えた。

木吉は膝の手術の為、アメリカに渡ることになっていた。
これは火神の師匠であるアレックスの助言によるものだった。

「それより練習どうすんだ?」

「もしかして休み?」

一年生達が口々に言うと、突然拳が後頭部に飛んできた。

「んなわけあるかダァホーーー」

見送りから戻った日向だった。

kurokonobasuke-q275-10

「今時海外なんて、連絡はメールですぐできるし行くのも難しいことはなんもねー。今生の別れじゃあるまいし、サクッと見送ってきたわ!」

早い戻りの言い訳をするかのように日向が言った。

「一番感傷的になって口数少なかったの日向だけどね」

すかさず伊月が日向に突っ込みを入れる。

「そんなことよりさっきのは聞き捨てならないわねー。練習休みですって?いつからそんなヨユーこけるようになったんじゃワレコラガキ共ああん?」

リコがにこやかに怒りの表情を浮かべて一年生を叱りつける。

kurokonobasuke-q275-11

そして新学期になって新入生が入ってきたら、また屋上宣言をやる、と公言するリコ。
当然ながら、前よりも目標は高く。
つまり、連覇しか誠凛の目指す道は無いのだ。

「他のチームはどこも新体制でとっくに練習開始してるし、有望な選手に声をかけて補強も進んでいるそうよ!!ウチだけのんびりしてたらすぐ差がついちゃうわ!!さあ!!練習始めるわよ!」

リコは他の選手も鼓舞するように檄を飛ばした。

しかし、黒子がまだ来ていないことに気付く。
そして黒子を探しに火神が部室に向う。

誠凛高校バスケットボール部

「おーい、黒子ー。何たらたらやってんだ早く・・・・あれ?どこ行ったんだアイツ・・・」

部室に戻り、中を見渡したが黒子の姿が見えず、不思議に思う火神。

「呼びましたか?」

「うわぁあっっ!!!」

突然黒子に背後から呼びかけられ、驚く火神。

kurokonobasuke-q275-12

「すみません。ちょっと桃井さんから写真を取りに行って遅くなりました。」

「あーお前の誕生日に企画したっつー・・・・じゃねーや、練習!行くぞ!!」

黒子の話を理解し、その話を思い出しながら続けようとした火神だったが、練習が先だと言わんばかりに黒子と駆け出した。

部室の黒子のロッカーの内側には、一枚の写真が貼られていた。
それは、奇跡の世代全員との集合写真だった。

kurokonobasuke-q275-13

「おっせーぞ黒子!!よおしじゃあ練習始めんぞ!!」

日向の声が響く。

「誠凛——-ファイ!!」

「オオ!!」

kurokonobasuke-q275-14

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第259Q 「絶対止めてやる」

望むところだ 実渕のスリーポイントを止めた日向。 自分のシュートを止められたことで、実渕は闘争心

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第212Q 「負ける気がしねぇ」

灰崎の退部 黒子が説得を試みたものの、灰崎は退部をすることになった。 黒子は練習中チームメン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月の

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

複雑だぜ 日向は中学時代を思い出していた。 『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑