*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第259Q 「絶対止めてやる」

公開日: : 最終更新日:2014/05/07 ストーリーダイジェスト

望むところだ

実渕のスリーポイントを止めた日向。
自分のシュートを止められたことで、実渕は闘争心にさらに火がついた。

「・・・やってくれたわね順平ちゃん。マジで潰すわ!」

「望むところだ!そんでちゃん付けで下の名前呼ぶな!」

kurokonobasuke-q259-3

一方で木吉とのリバウンド勝負に負けた根武谷は怒りを露わにしていた。
そこに葉山が言葉を掛ける。

「落ち着けよ永ちゃん。あんまり頭に血が登ると足すくわれんぞ。オレと同じでカッとなりやすいんだから気をつけろよ。木吉は強ぇー。そもそもケガがなけりゃ少し前までオレらとどうか下った奴だぞ。間違ってもナメんなよ。」

kurokonobasuke-q259-4

五将のそれぞれが勝負で完全に勝っているとは言えないが、それに対して赤司は何も言わなかった。
黛は不思議に思っていた。
なぜ赤司は何も言わないのか。
攻撃も1on1偏重で、司令塔とは言え攻めにも消極的すぎる。

これが何かの策なのか?

kurokonobasuke-q259-5

しかし、それは違った。
今の赤司はそうせざるを得なかった。

火神の存在が、赤司に攻めることを許さなかったのだ。

kurokonobasuke-q259-6

kurokonobasuke-q259-7

そして再び、実渕と日向の1on1勝負となる。

kurokonobasuke-q259-8

絶対止めてやる

実渕は日向を前に考えていた。

『日向順平・・・コイツは危険だわ。アタシのシュートを見分けて反応してくる。ならばその中でもたとえわかっていても止められない・・【虚空】で勝負。したいところだけど、虚空に対しても何か掴んでいるかもしれない。スリー以外で勝負か、ボールを回すか・・・。いいえ、だからこそ勝負!!』

kurokonobasuke-q259-9

実渕はシューターとして、天と地、両方のシュートに自信と自負があった。
しかし、それ以上に虚空に対する自信は別格のものであった。

そして、洛山の選手としても勝負から逃げるわけにはいかなかった。
実渕はプライドの全てをかけて【虚空】を撃つことに決めた。

対する日向も考えていた。

『背中いって・・・まだジンジンする。リコあいつあんな力強かったかね。きっとそんだけこめたんだろう。あいつだけじゃなくチーム全員分の想いを。おかげで背中が熱くてしょーがねー。この熱さを全て力に換えて虚空を止める!!』

第4クォーター開始直前、リコに気合を入れてもらうために叩いてもらった背中が熱くなっていた。

kurokonobasuke-q259-10

そして勝負の瞬間。

実渕が虚空を撃つためにシュート体勢に入る。
日向もそれに合わせて沈み込む。

そして実渕が虚空を撃つ!

kurokonobasuke-q259-11

虚空を前にディフェンスが動けなくなる理由。
それは、虚空を撃つ前に沈み込む深さに秘密があった。

虚空は通常よりも深く沈み込む。
そして跳ぶ時、ディフェンスのヒザが伸びきった時、一瞬動きを止める。
その一瞬に釣られたディフェンスは、沈んだ分のパワーが全て逃げてしまうため、跳ぶ余力がなくなる。

だが、実渕は深く沈んだ分余力が残る。
その残った力で、高効率のフォームを活かしシュートを撃つ。
これが虚空の正体だった。

しかし、日向がこれに気づいたとしても、動きを止めずに先に跳べば実渕はシュートを中止出来る。
さらに、実渕のように深く沈んでもわずかな余力で跳ばなくてはならない。

日向にとって、実渕のシュートをブロックするのは相当に難しいことなのだ。

「五将だろーが洛山だろーが知んねーよ!どれだけお前が強くてもこのシュートだけは絶対止めてやる!!」

実渕の虚空は、宙空へ飛ぶこと無く日向にブロックされた!

kurokonobasuke-q259-12

kurokonobasuke-q259-13

復活の狼煙(のろし)

すぐさま誠凛の反撃!
しかし洛山ディフェンスもすぐに戻る。

ここで黒子がパスを一閃。
日向が復帰したことで、シュートへの警戒からディフェンスが広がり、中にスペースが出来た。
そのスペースを使い、黒子がパスを繰り出す。

日向の復帰が、黒子のパスをも復活させたのだ。

kurokonobasuke-q259-14

黒子のパスは木吉に渡る。
木吉はそのままダンクへ行くが、その前に根武谷が立ちはだかる。

黒子の閃光の如きパスに反応する根武谷。
木吉のシュートコースは完全に塞がれた。

kurokonobasuke-q259-15

しかし、木吉はニッと笑って、パスを出す。
アウトサイドには日向が待っていた。

日向の放ったスリーポイントは音も無くリングをくぐり抜けた。

kurokonobasuke-q259-16

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第252Q 「ラクダが言いました」

縮まらない点差 黒子の復活で、誠凛は洛山DFのスキをつく攻撃を繰り出せるようになった。 しかし洛

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

人間観察 黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第227Q 「黒子はボクです」

絶望する黒子 黒子は絶望に打ちひしがれていた。 黒子は赤司に問う。 「なぜ・・・あんな試合

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第226Q 「勝利ってなんですか?」

荻原と赤司の対面 決勝を前に負傷した黒子。 そこへ、黒子の見舞いに荻原がやってくる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑