*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 ストーリーダイジェスト

怪物

キセキの世代の最後の夏が始まった。
全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さを見せた。
スコアは109-5。キセキの世代は怪物と化していた。

kurokonobasuke-q224-1

しかしそこに笑顔は無かった。
パスプレイは存在せず、各々が勝手に点を取るだけで相手を圧倒する。
しかも、以前より遥かに圧倒的に。

万に一つも負けることはない。黒子も試合に出ることはあるが、それは主力を温存するためだ。

桃井は、黒子の笑顔もずっと見ていないことに気づいた。

kurokonobasuke-q224-2

暇つぶし

更衣室では、相手が弱すぎて試合がつまらない、と、紫原と青峰が話していた。
そこに黄瀬がある提案をもちかける。

「次の試合、誰が一番点を取れるか勝負しねっスか?」

青峰は、暇つぶしになるならそれでいいと同意し、赤司もそれでやる気がでるなら、自分もやろうと乗ってきた。

kurokonobasuke-q224-3

一方、荻原擁する明洸中学も緒戦を突破していた。

次の試合が始まり、試合中にも関わらず、点数の競い合いをするキセキの世代。
相手がそれに気付くものの、為す術は無かった。
そして黒子もそれに気づいた。

kurokonobasuke-q224-5

試合後、黒子は尋ねた。

「なぜあんなことをしたのですか?ボクは何か・・違う気がします」

その質問に対して、ただの遊びだと答える黄瀬。

「でも・・・あんなやり方は相手に失礼だと思います・・・」

と、黒子は反論するが、それに対して青峰は言った。

「なんでだよ逆じゃねーの?ザコ相手にやる気出す為の遊びじゃねーか」

いいなぁ・・・

試合が終わり、ミーティング場所へと向かう帝光中。
途中、誠凛高校バスケット部とすれ違うのだった。
高校インターハイの予選も同会場で行われているのだった。

kurokonobasuke-q224-6

ふと、黒子が生徒手帳が落ちているのを見つける。
先刻すれ違った、誠凛高校のものだった。

届けに行ってくるという黒子に、桃井もついていくように赤司が指示を出した。

試合会場につくと、試合はすでに始まってしまっていた。
桃井が、係の人に届けておこうと黒子に言うものの、黒子は試合から目を離さなかった。

そこには、チームプレイで戦う誠凛高校の姿があった。
懐かしむような視線でみつめる黒子。

kurokonobasuke-q224-7

桃井はその様子を見て黒子に言った。

「なんか・・いいチームだね・・」

「・・・はい。きっとあの人達はバスケに全力で取り組んでいて、バスケが大好きなんだと思います。いいなぁ・・・・と思います」

その後、誠凛高校は主力の怪我により敗退した。

帝光は、昨年をはるかに超える大差で全中出場を決めた——

kurokonobasuke-q224-8

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

誠凛の思惑 同点で第1Qを終えた誠凛。 戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものも

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第229Q 「行ってきます」

決勝の朝 黒子の話を聞いた翌日。 ついにウインターカップ決勝を迎えた。 最終決戦を前にした

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

手がかり 実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。 会場

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第257Q 「行くぜ洛山!!」

第3Q終了―誠凛 第3Q(クォーター)を終了し、二分の休憩となった。 点差は20点差。 残すは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑