ストーリーダイジェスト

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物

キセキの世代の最後の夏が始まった。
全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さを見せた。
スコアは109-5。キセキの世代は怪物と化していた。

kurokonobasuke-q224-1

しかしそこに笑顔は無かった。
パスプレイは存在せず、各々が勝手に点を取るだけで相手を圧倒する。
しかも、以前より遥かに圧倒的に。

万に一つも負けることはない。黒子も試合に出ることはあるが、それは主力を温存するためだ。

桃井は、黒子の笑顔もずっと見ていないことに気づいた。

kurokonobasuke-q224-2

暇つぶし

更衣室では、相手が弱すぎて試合がつまらない、と、紫原と青峰が話していた。
そこに黄瀬がある提案をもちかける。

「次の試合、誰が一番点を取れるか勝負しねっスか?」

青峰は、暇つぶしになるならそれでいいと同意し、赤司もそれでやる気がでるなら、自分もやろうと乗ってきた。

kurokonobasuke-q224-3

一方、荻原擁する明洸中学も緒戦を突破していた。

次の試合が始まり、試合中にも関わらず、点数の競い合いをするキセキの世代。
相手がそれに気付くものの、為す術は無かった。
そして黒子もそれに気づいた。

kurokonobasuke-q224-5

試合後、黒子は尋ねた。

「なぜあんなことをしたのですか?ボクは何か・・違う気がします」

その質問に対して、ただの遊びだと答える黄瀬。

「でも・・・あんなやり方は相手に失礼だと思います・・・」

と、黒子は反論するが、それに対して青峰は言った。

「なんでだよ逆じゃねーの?ザコ相手にやる気出す為の遊びじゃねーか」

いいなぁ・・・

試合が終わり、ミーティング場所へと向かう帝光中。
途中、誠凛高校バスケット部とすれ違うのだった。
高校インターハイの予選も同会場で行われているのだった。

kurokonobasuke-q224-6

ふと、黒子が生徒手帳が落ちているのを見つける。
先刻すれ違った、誠凛高校のものだった。

届けに行ってくるという黒子に、桃井もついていくように赤司が指示を出した。

試合会場につくと、試合はすでに始まってしまっていた。
桃井が、係の人に届けておこうと黒子に言うものの、黒子は試合から目を離さなかった。

そこには、チームプレイで戦う誠凛高校の姿があった。
懐かしむような視線でみつめる黒子。

kurokonobasuke-q224-7

桃井はその様子を見て黒子に言った。

「なんか・・いいチームだね・・」

「・・・はい。きっとあの人達はバスケに全力で取り組んでいて、バスケが大好きなんだと思います。いいなぁ・・・・と思います」

その後、誠凛高校は主力の怪我により敗退した。

帝光は、昨年をはるかに超える大差で全中出場を決めた------

kurokonobasuke-q224-8

-ストーリーダイジェスト

Copyright© 黒子のバスケキャラクター能力&プロフィール , 2020 All Rights Reserved.