*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

公開日: : ストーリーダイジェスト

手がかり

実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。
会場は、実渕のスリーポイントがブロックされかけたことに驚きを隠せなかった。

「くっそぉー届かねー!!」

小金井は悔しさを浮かべていた。

実渕はそんな小金井をみて考えていた。

『決してナメたりしていたわけじゃないけど・・・【地】→【天】の切り換えに反応してくるとは、正直思わなかったわ』

その様子をベンチで見ていた日向は、小金井の動きを見てあることを考えた。

『本当にたまたまか・・・?実渕がノーフェイクで3種のシュートのどれかを撃って、コガがそれに飛びついただけならそうかもしれない。けど、あの時実渕は一瞬シュートにいくそぶり見せ、コガはそれに反応したように見えた。実渕にフォームにはカンに引っかかる何か変化があるんじゃないのか・・・!?』

kurokonobasuke-q256-1

これでも必死だよ

試合は誠凛の攻撃に移っていた。
黒子からのパスをセンターの木吉が受ける。

しかし根武谷が木吉のパスの前に立ちはだかる。
完全にシュートコースを塞がれた木吉に火神がフォローに入り、火神のシュートで得点を重ねた。

kurokonobasuke-q256-2

これまでは黒子のパスからシュートまで、前を塞がれることがなかった。
しかし、誠凛にはシューターがいない。
洛山は外からのシュートを警戒する必要はない。

そのため、センターポジションの木吉のマークである根武谷を大きく外すことが出来なかった。

根武谷が木吉を挑発する。

「なんだよオイ、ぶつかってくる気配ゼロじゃねーか。ずいぶんおとなしくなっちまったなあ」

kurokonobasuke-q256-3

挑発され、怒りをにじませる木吉をコガがなだめる。

「顔こえーってホラホラ、楽しんでこーぜ!」

そんな小金井を見て木吉が言った。

「楽しそうだな、コガ・・・・」

「え?そりゃあ・・お気楽にやってるわけじゃないし、これでも必死だよ。けど、試合出てプレイすんのは楽しいっしょやっぱ!」

小金井が笑顔で返した。

その小金井が対するは、無冠の五将実渕。
洛山の攻撃は、実渕へボールがわたる。

小金井慎二

再び、小金井と実渕の一対一。

kurokonobasuke-q256-4

実渕はパスを受けるとノーフェイクでシュート体勢に入った。
相手が動けなくるシュート【虚空】だ。

kurokonobasuke-q256-5

小金井はこれまでのことを思い出していた。
高校入学と同時に、中学時代に続けていたテニスはやめ、バスケ部に入部。
姉には、最初から楽しいばっかのスポーツはない。続けてみてわかることもある、と諭された。

kurokonobasuke-q256-6

バスケ部を選んだ理由は、友達の水戸部がやってるのを見て面白そうだったから。

kurokonobasuke-q256-7

だが、走ってばかりの練習、初心者のため、試合に出ても足を引っ張るだけ。
辞めようと思ったことが何度もあった。

kurokonobasuke-q256-8

そのたびに、水戸部に止められ、日向達にも止められた。
そのうちに、だんだんと足を引っ張らなくなっていた。

kurokonobasuke-q256-9

木吉が決勝リーグでケガをし全敗した時は、胸が痛かった。
すごい一年が入って、今年こそと思い挑んだ決勝リーグで再び全敗した時、涙が出た。

kurokonobasuke-q256-10

その頃には、もうとっくに、やめるなんて頭になかった。
続けてみて、いろいろ思うようになった。
あん時、水戸部ありがとーとか、こん時みんながいてよかったなーとか。

色々あったから・・・だから。

『何がなんでも勝ちてー!とか』

kurokonobasuke-q256-11

力を振り絞った小金井は、実渕の【虚空】のシュートに対してブロックに飛んだ!
全員が驚いた。何よりも実渕は驚きを隠せなかった。
だが、必死のブロックも間に合わず、ボールは無情にもゴールを抜けてしまった。

コガのおかげで

【天】に続き【虚空】を止めかけた小金井に、会場は、次は止めるかも、と期待を寄せる。

しかし、小金井と監督のリコはそうは考えていなかった。
むしろ、これでもう止められなくなった、そう考えていた。

kurokonobasuke-q256-12

kurokonobasuke-q256-13

小金井は、なんらかの方法で【虚空】の硬直状態から抜け出た。
しかし、それでも届かなかった。

つまり、反応は出来ても結局は止めることは出来ない。

この事実は、実渕は次から小金井の反応を気にすること無く、【虚空】を撃つことが出来る、ということだった。

リコはつぶやいた。

「意表をついたさっきが、最初で最後のチャンスだった」

それを聞いていた日向が反応した。

「最後なんかじゃねぇよ。コガのおかげで三種のシュートの攻略法・・・そして、見切ったぜ【虚空】・・!!。出してくれカントク。。最終第4クォーター!!」

kurokonobasuke-q256-14

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」

決勝開戦 ついに試合が開始された。 最初のジャンプボール、火神は木吉に願い出る。 「ジャン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第206Q 「彼しだいさ」

転換点 赤司と対面を果たした黒子。 赤司は黒子に問いかける 「いくつか質問してもい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第231Q 「始めます」

白黒つける刻が来た

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第247Q 「いやだ」

ファウルトラブル 日向は実渕の『地』のシュートによりシュート妨害のファウルを取られてしまう。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第220Q 「忘れちまった」

紫原敦 帝光は相変わらずの強さを誇っていた。 特に紫原は、これまでパワーと体格で他を圧倒していた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑