*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第257Q 「行くぜ洛山!!」

公開日: : 最終更新日:2014/04/21 ストーリーダイジェスト

第3Q終了―誠凛

第3Q(クォーター)を終了し、二分の休憩となった。
点差は20点差。
残すは第4Qの10分間のみ。

kurokonobasuke-q257-2

第3Qで誠凛は怒涛の追い上げを見せたかに思えたが、点差は意外にもそれほど縮まっていない。
観客も、誠凛の選手たちもそう感じていた。

善戦はしているが点差は縮まらず、力の差を思い知らされるが、誠凛は諦めていない。

「日向・・・出るのか!?」

伊月が、ベンチに座り靴紐を結び直す日向に聞いた。

kurokonobasuke-q257-3

「ああ。4ファウルで残り10分。リスクは百も承知だ。それでも今度こそ・・実渕はオレが倒す!!」

日向が力強く答えた。

その言葉を聞き、横から小金井が日向に声をかける。

「ワリィ日向・・・オレの力不足で・・・」

「何言ってんだよ。逆だぜ。コガのおかけでオレも戦えんだ。コガのぶんまでギャフンと言わせてきてやるよ!」

日向が笑みを浮かべながら小金井に答えた。

「おう任せた!たのむよ日向!」

小金井は明るい声で日向を送り出した。

kurokonobasuke-q257-4

ポカリを飲みながら、小金井は一人思っていた。

『やったぜオレ!五将を倒したりはさすがにムリだったけど・・チームの役には立ったんだ!オレがもっと早くバスケを始めてたら、もっとやれたかな・・?チームのために戦えたことは嬉しい。だからこそもっと、オレはコートに立ってたかった』

涙を浮かべる小金井の顔を隠すように、水戸部がタオルを被せた。

kurokonobasuke-q257-5

第3Q終了―洛山

「あと10分だ。慌てることはない。このままいけばいい。」

監督の白金が、選手を集めて指示を出す。
そしてさらに続けて言った。

「ただし間違えるな。このままとはあくまで、攻めるということだ。今の点差を守ろうと思うな。最後までせめて誠凛を叩き潰してこい!!」

第4Qを前に、気合を入れる洛山高校メンバー。
赤司がそれぞれに声をかける。

「玲央。向こうは日向が出てくるようだ・・・が、4ファウルでも決して油断するな。」
「永吉。木吉の眼はまだ死んでいない。玲央同様気をひきしめろ」
「小太郎。いつまでおとなしくしているつもりだ。まだ点をとってもらうぞ」

そしてコートに出て行く赤司。
黛にだけは声を掛けることはなかった。

その様子を見て黛は思った。

「そんでオレもこのまま出ろってかい。使える間は出がらしになるまで使うなんて、ずいぶんと倹約家じゃねーの、おぼっちゃん」

コートに出ると、赤司が静かに気合を入れる。

「勝つのは洛山。絶対は、僕だ」

kurokonobasuke-q257-6

第4Q開始

インターバルが終了し、誠凛は小金井と日向が交代となった。

日向が気合を入れてコートへ出て行く。

「よぉし行くぞ!!」

「いやー、やっぱキャプテンがいるとしまるねっ。このまま声出しも頼むよ!」

小金井が楽しそうにその後姿を見て言った。
日向は茶化すなと反応したが、黒子もそれに反応した。

「泣いても笑っても、最後の10分です。ぜひお願いします」

黒子が日向を真っ直ぐに見ながら言った。

「改めて言うな!逆にやりづらくなんだろうが!」

日向はバツの悪そうな顔で答えたが、全員を集める。

全員で円陣を組み、気合いを入れる誠凛。

「絶対勝つぞォ!!誠凛———-ファイ!!」

「オオォ!!!」

日向の気合のこもった声に、誠凛が全員で呼応する。

ついに両者が、ウィンターカップ決勝、最後の10分の舞台に出揃った。

kurokonobasuke-q257-7

kurokonobasuke-q257-8

「・・・火神君」

黒子が火神に声を掛ける。その表情には覚悟を決めた凄みがあった。

その顔を見て火神が答える。

「まかせとけ!・・・と言いてーが正直ヤベーな。赤司の言う通り、時間の問題だ。だからって、赤司相手にゆるめるゆとりはもっとねぇ。とにかくいけるとこまでいってやるさ!」

火神も覚悟を決めた。

kurokonobasuke-q257-10

行くぜ洛山!!

kurokonobasuke-q257-11

第4Q開始早々、黒子のイグナイト(加速する)パスが炸裂。
ボールは日向の手にわたった。

kurokonobasuke-q257-12

そのままスリーポイントシュートの姿勢に入る日向だが、実渕がすかさずチェックに入る。
しかし、実渕の素早いチェックも間に合わないほど、日向のほうが速かった。

kurokonobasuke-q257-13

そのままスリーポイントシュートを放つ日向。
実渕のブロックは空を切った。

その速さに驚く実渕。

kurokonobasuke-q257-14

そしてボールはそのままゴールへと吸い込まれた。
「っし!行くぜ洛山!!」

kurokonobasuke-q257-15

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第214Q 「楽しみだ!」

全中出場決定 キセキの世代は、過去最強の帝光中学と噂され、全中地区予選初戦を快勝。そして、危なげな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第243Q 「私の勝ちね」

私の勝ちね 日向は焦っていた。 【天】と【地】2つのシュートだけでも厄介な上に、【虚空】という未

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト第216Q 「・・・ワリィ」

不穏な空気 全中決勝トーナメント一回戦。 帝光中の相手は上崎中。 上崎には、昨年青峰と互角

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

進化の代償 勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。 その黒子に対

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第259Q 「絶対止めてやる」

望むところだ 実渕のスリーポイントを止めた日向。 自分のシュートを止められたことで、実渕は闘争心

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第217Q 「行こうぜ」

勝利のために 全中二連覇のかかった決勝戦。 主将である赤司を始めとするキセキの世代は、試合を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑