*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

公開日: : 最終更新日:2014/06/14 ストーリーダイジェスト

人間観察

黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。
ミスディレクションには、相手を観察することが不可欠。
視線の集まるステージで、決まった手順で行うマジックとは違い、バスケにミスディレクションを応用しようとするならば、誰が、いつ、どこでどんな動きにつられやすいのか、見極めておかねばならなかった。

そして黒子は、一緒にいるチームメイトのことなら大体わかる程の観察眼になっていた。

kurokonobasuke-q263-2

赤司を止めてくれ

ゾーンに入った赤司を止めるには、これ以上離されるわけにはいかない。
誠凛が勝つためには、今ここで、何とか赤司を止める必要がある。

『ゾーンに入った赤司の守備範囲は、紫原と同じかそれ以上と考えなきゃだめだ・・・!!ならば守備範囲外から高速でパスを回す!!』

伊月は黒子を使って、赤司の遥か遠くから一気にパスを通す。

kurokonobasuke-q263-3

木吉にボールが渡り、根武谷との1on1。
木吉は根武谷をかわし、ダンクを決めに行く!

kurokonobasuke-q263-4

しかしあと一歩のところで赤司にブロックをされてしまった!
ポイントガードの赤司が、センターの木吉のダンクを止めたことに、会場は驚きを隠せない。

kurokonobasuke-q263-5

会場のどよめきをよそに、赤司はすでに反撃に移っていた。
誰よりも早く誠凛コートへ攻め込む赤司。
赤司の前に立ちはだかるのは黒子と火神。

ここを止めなければ勝利は遠くなってしまう。

「赤司を止めてくれぇ!!黒子!!火神!!」

誠凛のベンチから叫びに似た声が飛ぶ。

kurokonobasuke-q263-6

天帝の眼(エンペラーアイ)

赤司を止めようと黒子と火神がディフェンスに入る。
黒子を後ろにしたまま、火神が赤司に対面する。

『火神が前に出た・・?ダブルチームではないのか?テツヤが僕と火神の動きについてこれるわけないが・・・どんな手でこようと僕には未来が見える。エンペラーアイを出し抜くことなど、何人(なんぴと)たりともできはしない!!』

赤司は、二人体制のディフェンスを意に介さず、前に出た火神を抜きにかかる。

kurokonobasuke-q263-7

『右——!!』

火神は赤司の動きに合わせて先読みして動く。

しかしその瞬間、エンペラーアイで未来を見通した赤司は、鋭い切り返しで赤司は火神の左から抜き去る姿勢に入る。

誰もが抜かれた、と思った次の瞬間だった。

kurokonobasuke-q263-8

『・・・バカな。ありえない—–!!なぜお前が僕より早く、僕の行く先にいる—–!?』

赤司は信じられない光景を目の前に、していた。

火神を抜いた赤司の前に黒子が現れたのだった。

kurokonobasuke-q263-9

黒子は、赤司を見てディフェンスをしていたわけではない。
黒子は、火神だけを見て火神の動きを予知して赤司の行く先を止めた。

赤司のエンペラーアイとは違い、黒子の場合はミスディレクションのために養った観察眼と、今までずっと一緒にいたチームメイトだからこそ出来る芸当だった。

敵には使うことは出来ない。強固な信頼を築いた仲間にのみ使うことが出来る。
だが、その信頼があったからこそ、赤司よりもさらに一瞬遠い未来まで視ることが出来たのだった。

仲間の未来を視る。
黒子だけの、擬似的な天帝の眼(エンペラーアイ)が完成したのだ。

kurokonobasuke-q263-10

「あぁあああ!!」

叫び声とともに、黒子がついに赤司のボールをスティール!

kurokonobasuke-q263-11

すかさず誠凛の逆襲。止められた赤司は・・・!?

kurokonobasuke-q263-12

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

ついにウィンターカップ決勝 ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第234Q 「待ったなしや」

エースの衝突 開始から3分30秒経過し、スコアは誠凛11-洛山5。 実渕玲央のスリーポイントによ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第231Q 「始めます」

白黒つける刻が来た

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第247Q 「いやだ」

ファウルトラブル 日向は実渕の『地』のシュートによりシュート妨害のファウルを取られてしまう。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑