*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

決勝開戦

ついに試合が開始された。

最初のジャンプボール、火神は木吉に願い出る。

「ジャンプボールオレに跳ばせてもらえないすか」

高さはお前の方が上だが、オレのほうがタイミング合うだろう?
どうかしたのか?と木吉は尋ねたが、ただならぬ火神の決意に、ジャンプボールを任せる。

「・・・わかった。じゃあ頼むぜ!」

火神がジャンプボールをすることに、ベンチは少しざわつくが、リコは選手の判断に任せる、とした。
一方、チームメイトの日向、観戦に来ていた紫原は、火神がベストコンディションであろうことを見抜いていた。

それぞれの思いが交錯する中、ついに、決勝戦が開始(ティップオフ)された。
kurokonobasuke-q232-1

先制点の行方は

ジャンプボールを制した火神。
誠凛ボールで先制点のチャンスとなる。

気合を入れ過ぎた黒子は、イグナイトパス廻を日向に向かって打つ。
kurokonobasuke-q232-2

イグナイトパス廻を日向は弾いたが、ボールを拾いレイアップシュートを放つ。

しかし、シュートは実渕にブロックされ、洛山が反撃に出る。
kurokonobasuke-q232-3

赤司からのパスは根武谷に渡り、そのままダンクシュートを決めにいく。

しかし、今度は火神がこれを止める。
kurokonobasuke-q232-4

湧き上がる気持ちを乗せて

ブロックの直後、火神はすでに速攻の先頭に居た。対するは赤司。

火神は思いを巡らせていた。

『黒子の話を聞いてから考えていた。オレがもしあいつの立場だったら・・どうしただろう。』
『結局答えは出なくて、モヤモヤして、このモヤモヤをぶっ飛ばしてーと思った。』

赤司を前にゴールから遥か遠い位置で踏み切る火神。

『だから跳ぶんだ。湧き上がるこの気持を乗せて。勝ちてぇ!!黒子と・・・みんなと・・・!!』

赤司の頭上からボールがゴールを突き抜ける。
エンペラーアイが発動するよりも先に、火神の流星のダンク(メテオジャム)が炸裂した。

kurokonobasuke-q232-5


仲間の為に戦う意志

騒然とする会場、そしてチームメイト。
メテオジャムが使えるのは、ゾーン状態の時だけのはず。
しかし、ゾーンに入るには理想的な精神状態と100%の集中が必要だった。

数日前、火神は青峰に、ゾーンについて教えられた。

「ゾーンに入るには人それぞれ異なる引き金(トリガー)がある」

知ったからといって引けるものではない、しかも、プレイに100%集中し、理想的な精神状態でそのトリガーを引かねば、意味が無い。と青峰は教える。

青峰は続けて言った。

「お前にとってのトリガーは、仲間の為に戦う意志だ」

kurokonobasuke-q232-6

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

人間観察 黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月の

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第1Q 「黒子はボクです」

プロローグ 帝光中学校バスケットボール部。 部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト第216Q 「・・・ワリィ」

不穏な空気 全中決勝トーナメント一回戦。 帝光中の相手は上崎中。 上崎には、昨年青峰と互角

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第253Q 「任せてくれ」

葉山の本気 ついに葉山が全開を見せようとしていた。 伊月の実力を認めた葉山は、5本のライトニング

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑