*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 ストーリーダイジェスト

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」

赤司は黒子に言った。

光と影の関係だった、黒子と青峰ですら、光が強すぎたために合わなくなっていた。
光と光の関係であるキセキの世代ならば火を見るより明らかだ、と赤司は続けた。

黒子は絶望の表情で赤司を見つめていた。
そして赤司に尋ねた。

「勝つこと以上に大事なことはないんですか?」

kurokonobasuke-q223-1

赤司は、帝光の理念が勝つことである以上、それ以上に大事なことは無い、という。
勝つための最善の形が変わっただけで、理念に変化は無い。
しかしそれが黒子にとって居心地の悪いものになってしまったようだ、と。

そして、居心地が悪くなったくらいで不満を漏らすようならば、覚悟が足りなかったと言わざるを得ない、と黒子に言った。

「その程度の覚悟では何も変えられない。漠然とした理想など無力なだけだ」

その言葉を聞いて、黒子は何も言えなかった。
やっとのことで絞り出したのは言葉に力はなかった。

「・・・・その通り・・なの・・かもしれないですね・・」

kurokonobasuke-q223-2

赤司は黒子に帝光の6人目であり続けたいなら、この状況を受け入れろと言う。
そして、辞めたいのなら止めはしない、とも。

部活の時間。
黄瀬はモデルの仕事をこなし、青峰は一人空を眺め、紫原はゲームセンターで時間を潰すのだった。
緑間は練習には参加しているものの、一人でシュート練習をするだけだった。

しかし、それでも試合になれば、帝光は圧倒的な強さを見せる。
チームプレイをすることなく、これまで以上の強さを発揮するのだった。
そこに、かつての雰囲気は無くなっていた。

kurokonobasuke-q223-4

3年を迎えたキセキの世代。
始業式の日、桃井は、一緒に帰ろうと黒子を呼び止めた。

kurokonobasuke-q223-5

黒子は桃井に青峰の様子を聞くが、桃井は、最近は一緒にいることが殆ど無い、という。

「他のみんなとも連絡事項以外全然話さないし・・・。チームは強いけどなんかちょっと・・さびしいね」

「・・・・はい」

表情を変えずに黒子は返事をした。

桃井は、黒子に聞いた。

「・・・ねぇテツ君。前に私が言ったこと・・覚えてる?」

その時桃井の脳裏にあったのは、以前、黒子に聞いた質問だった。

kurokonobasuke-q223-6

しかし黒子は困った顔を見せ、覚えてない、と答えた。
桃井も、大したことじゃないから、と黒子と別れた。

黒子の背中を見送る桃井。
かつて見送った、キセキの世代メンバーの楽しそうな背中を重ねあわせ、桃井は一人涙するのだった。

kurokonobasuke-q223-7

kurokonobasuke-q223-8

黒子は帰り途中、荻原からの電話を受け取った。
連絡が無いから、元気でやってるか心配だった、という荻原。
そして、次こそはインターハイで対戦の約束を守る、と黒子に宣言した。

「・・・はい。楽しみにしてます」

黒子の気のない返事を心配する荻原。
しかし黒子は何でも無いから大丈夫だ、と返すのだった。

電話を切った後、黒子は一人つぶやいた。

「本当は言えなかったことがたくさんあります。何よりボクは今日・・ウソをついて女の子を泣かせました」

そして空を見上げた。

「・・・・・・・最低です」

そして、最後の夏が来る——

kurokonobasuke-q223-10

関連記事

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第212Q 「負ける気がしねぇ」

灰崎の退部 黒子が説得を試みたものの、灰崎は退部をすることになった。 黒子は練習中チームメン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第220Q 「忘れちまった」

紫原敦 帝光は相変わらずの強さを誇っていた。 特に紫原は、これまでパワーと体格で他を圧倒していた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第227Q 「黒子はボクです」

絶望する黒子 黒子は絶望に打ちひしがれていた。 黒子は赤司に問う。 「なぜ・・・あんな試合

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第234Q 「待ったなしや」

エースの衝突 開始から3分30秒経過し、スコアは誠凛11-洛山5。 実渕玲央のスリーポイントによ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

人間観察 黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第233Q 「やばくねーか?」

開始早々いきなりゾーン全開の火神 開始早々、火神はゾーンに突入。 想定外の展開に、誠凛ベンチもざ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑