*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

公開日: : 最終更新日:2013/12/09 ストーリーダイジェスト

不可解なマークチェンジ

黛には全く理解が出来なかった。
自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月のホークアイがミスディレクションの天敵であるがゆえに、順当ではある。
しかし、伊月に代わり赤司をマークするのが、なぜ降旗なのか。

kurokonobasuke-q240-1

黛だけではなく、赤司もわずかながら困惑した。
ただし、弱すぎてどうしよう、という思いからであった。

kurokonobasuke-q240-2

大マジメさ

第2クォーター残り8分31秒。
洛山高校のスローインから、試合は再開した。

根武谷は木吉に対し、赤司に冗談は通じないからもっとマシなやつに代えろと進言をする。

「木吉ぃ・・・オメェらの血は何色だァ!!?」

「こっちは大マジメさ」

kurokonobasuke-q240-4

kurokonobasuke-q240-5

必死のディフェンスを見せる降旗。
食らいついているように見えたがしかし、赤司の敵では無かった。

『やはり・・話にならない。わざわざパスターゲットを探すほうが手間なくらいだ』

赤司はあっさりと降旗を抜き去る。
しかしその直後。火神が赤司のコースを塞いだ。

誠凛の狙い

誠凛の狙いは、赤司に降旗を抜かせ、火神にインサイドでフォローをさせることだった。
しかしそれでも赤司を止められる保証はない。

kurokonobasuke-q240-7

ここで紫原があることに気づいた。

「赤ちんあの位置だとアンクルブレイク出来ない・・・・かも」

kurokonobasuke-q240-8

抜かれた降旗は、火神に代わりすぐに葉山へのディフェンスについた。

つまり、赤司が降旗を抜き、その赤司を火神がフォローし、火神が離した葉山に対し降旗がディフェンスにつくという一連の流れがすでに出来上がっているのである。

誠凛の監督であるリコの考えは、まずは黛を止める、ということであった。
そのためには、黛に対し天敵であるホークアイを持つ伊月をマークにつけるしかない。

そして赤司に対しては、とにかくスリーポイントを打たせないようにフェイスガードでディフェンスすること。
わざと抜かせて、火神をヘルプでぶつける。

赤司のアンクルブレイクは相手の重心を崩すため、必ずドリブルを切り返す。
しかし、中に入ってしまってはそのスペースが確保出来ないためアンクルブレイクが使えないのだった。

黛を封じ、同時に赤司のアンクルブレイクを封ずる。
これが誠凛の狙いだった。

普通のシュート

しかし赤司は、前後の緩急だけで火神を抜き去る!

kurokonobasuke-q240-11

諦めずに食らいつく火神。シュートをわずかに弾くが、防ぎきることは出来なかった。

kurokonobasuke-q240-12

得点を防ぐことが出来なかったものの、赤司のシュートに触れ、防ぐ寸前まで追い込んだことは大きな収穫だった。

しかし勝つためとはいえ、降旗は囮に過ぎない。
会場の誰もがそう感じ、それは降旗のディフェンスにつく黛も同じだった。

『コイツに出来るのは味方のサポートぐらい。シュートなんてどうせねぇんだ。マークは甘くしていい』

黛が降旗から目を離したその時、木吉から降旗へパスが通った。

黛は侮っていた。
辛く苦しいバスケットの練習に耐えてきた降旗の力を。
全国大会決勝に出場するほどの高校で練習に耐えてきた選手である。

スーパープレイだけがバスケットではない。
普通のシュートを普通に決めるために選手は練習をするのである。

降旗のスリーポイントシュートは、普通にゴールへ吸い込まれた。

kurokonobasuke-q240-15

リコはその様子をみてほくそ笑む。

「降旗君は弱そうに見えるかもね。けど、弱いなんて一言も言ってませんケド?」

kurokonobasuke-q240-17

関連記事

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト第216Q 「・・・ワリィ」

不穏な空気 全中決勝トーナメント一回戦。 帝光中の相手は上崎中。 上崎には、昨年青峰と互角

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第268Q 「どうすりゃいいんだ」

完璧なリズム 洛山の全員ゾーンが発動し、驚愕する誠凛。 これが赤司の真の能力なのか。 全員

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑