*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

公開日: : 最終更新日:2014/02/14 ストーリーダイジェスト

復活

ついに黒子がコートへと戻る。
しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。

その証拠に、黒子の登場に会場が沸く。
黒子が目立ってしまっていては意味が無いのだ。

黒子の交代を見た洛山メンバーはその意図が読めなかった。

『元祖トリックスターときたもんだ。失笑するぜ。コートにいてもジャマなだけだぜ』

黛はその様子をみて思った。

kurokonobasuke-q248-1

そして、赤司が黒子に問う

「どういうつもりだ?テツヤ。まさかまだ勝算があるつもりなら楽観的にも程があるよ」

黒子は赤司に臆すること無く答える。

「そんな風に考えていません。勝ちたいから戦う。それだけです。結果がどうだろうと最後の最後までボクは逃げません・・・!」

「・・・・なるほど。無意味な決意だ」

赤司は冷たい目で返した。

kurokonobasuke-q248-2

一度は心の折れた誠凛も、黒子の想いを受けなんとか気持ちをつないでいる。

『勝つんだ・・・・!!ただそれだけを想って戦え!!』

火神は勝利だけを考えていた。

kurokonobasuke-q248-3

黒子の考え

黒子はコートに戻ったが、自らの特性を取り戻す方法は見つけられていなかった。
特効薬となるような方法は無いが、考えはある、とコートに戻ってきたのだった。

誠凛の攻撃。
黒子が実渕にスクリーンをかけ、連携プレーでシュートを決める。

実渕は黒子の狙いがわからなかった。

『どういうこと・・・?確かにカレのスクリーンのかけ方は上手いけど・・・まさかそれだけのために出てきたわけじゃないわよね・・・?』

洛山の攻撃。
黒子が黛のマークにつく。

黛はその対応をみて、腹立たしく思った。

『気に入らねぇな。止めるきマンマンの顔してんじゃねぇよ。そんなこと・・・できるわけねぇだろうが!!』

kurokonobasuke-q248-4

一瞬で黒子を抜き去ると、すぐさまシュート体制に入った。
しかし火神のフォローが入り、シュートブロックされてしまう。
そして誠凛はカウンター攻撃によって、点差を詰めた。

kurokonobasuke-q248-5

そして再び洛山の攻撃に移ると、またもや黒子が黛のマークについた。

しかし今度は火神は逆サイドにいる。
黛は黒子を抜き去る!

木吉はフォローに入れるポジションに居たが、全く動かずに居た。
黛は難なくシュートを決めるのだった。

まだゆずる気はありません

フォローに動かない木吉を見て、黛や観客は同じことを思った。

『わざと撃たせてる・・・!?』

黛は黒子よりは一回り上の性能を備えている。
しかし、洛山の5人の中では一番下。
シュートを撃たれるなら一番外れそうな奴に撃たせる。

これが黒子の考えであろうと、思ったのだった。

黛は怒りを露わにしていた。

『なめられたもんだ。ならこっちも思う存分やらせてもらうぜ』

kurokonobasuke-q248-6

黒子を全く苦にせず、1on1で次々とシュートを決める黛に、会場は沸き立つ。

そして黛が黒子に言った。

「おい。あえて言わせてもらうぜ旧型のシックスマン君。おまえじゃオレに勝てねぇよ」

kurokonobasuke-q248-7

黒子は力強い視線で黛を睨み返す。

スコアは69対46。
誠凛は点差を縮めることは出来なかったが、なんとか食らいついていた。

再び洛山の攻撃。
黒子は黛に言った。

「幻のシックスマンという呼び名。悪いんですがまだゆずる気はありません」

kurokonobasuke-q248-8

次の瞬間だった。

黛の視覚から消えた黒子は、葉山のパスカットに成功する。

葉山も、根武谷も、赤司も驚きの表情だった。

そして誰よりも黛は信じられない様子で黒子を見ていた。

『見失った・・!?バカな・・・!!お前・・いったい何をした—–!?』

kurokonobasuke-q248-9

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第267Q 「久しぶりだね」

すまない 交代をさせようとする監督を遮り、出場続行を希望する赤司。 しかし、ここまで赤司の様

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第271Q 「百年早い」

いつかやってみてーな 真のゾーンに到達した火神と誠凛選手たち。 火神と黒子は赤司のディフェンスを

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第231Q 「始めます」

白黒つける刻が来た

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト第216Q 「・・・ワリィ」

不穏な空気 全中決勝トーナメント一回戦。 帝光中の相手は上崎中。 上崎には、昨年青峰と互角

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

全中二連覇の翌日。 全中二連覇を達成した翌日、 朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第233Q 「やばくねーか?」

開始早々いきなりゾーン全開の火神 開始早々、火神はゾーンに突入。 想定外の展開に、誠凛ベンチもざ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑