ストーリーダイジェスト

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー

帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日々であった。
一方で赤司、青峰、緑間、紫原の4人は一軍への昇格とレギュラー入りを手にしていた。

kurokonobasuke-q205-2

練習を続けるものの、二軍に上がることすら出来ない黒子。
荻原からの手紙には、荻原自身がベンチ入りしたことが綴ってあった。

kurokonobasuke-q205-3

練習にはついていくことが出来るようになったものの、
まだまだ足りないと考えていた黒子は、居残り練習をするようになった。

kurokonobasuke-q205-4

赤司は緑間と話していた。

「最近、よく考え込んでいるな、赤司」

赤司は全中の試合で優勝はしたものの、来年、再来年を考えると盤石とは言えない、と考えていた。
戦力的には今でも問題は無いが、正攻法過ぎて奇襲への対応が遅れてしまう。

赤司は、変化をもたらす選手が欲しいと考えていた。

「ほしいのは変化・・・。例えば試合の流れを変えたい時重宝する6人目(シックスマン)だ」

kurokonobasuke-q205-5

退部勧告

青峰は、桃井がお化けが出ると噂していた、三軍練習用の体育館に自身の練習のために訪れていた。
そこでは黒子が一人居残り練習をしていた。

そんな黒子の話しを聞いた青峰は、一緒に練習することを黒子に告げる

「これから毎日一緒に練習する。そんでいつか一緒にコートに立とうぜ」

自分から見れば雲の上のような存在の青峰に対し、恐縮する黒子。

「いいんですか?」

と尋ねた。

「いいも悪いもあるかよ!バスケ好きな奴に悪い奴はいねーって!」

と、黒子と拳を合わせた。

kurokonobasuke-q205-6

秋季昇格テスト、三軍から二軍へ昇格するものはいなかった。
そして黒子は、三軍コーチに呼び出された。

「はっきり言おう。お前にウチの部はムリだ」

kurokonobasuke-q205-7

信じられないという表情を見せる黒子。
コーチは、黒子が頑張ってきているのは知っているが、三軍でのテスト下位5名には退部をすすめていると話した。

「命令ではない決めるのはお前だ。ただし、試合に出るのはほぼ不可能と思っておいた方がいい」

帰り道、考えこむ黒子。
荻原からの手紙、青峰との練習が頭をよぎる。
どうしたらいいかわからない・・・黒子は泣き崩れた。

kurokonobasuke-q205-8

出会い

青峰との練習の時間。
黒子は青峰にバスケを辞めることを告げた。

「ボクはとてもチームの役に立てそうにありません」

それを聞いて青峰は答えた。

「チームに必要無い選手なんていねーよ。誰よりも練習してるやつが全く無力なんて話あってたまるかよ。諦めなければ必ず出来るとは言わねぇ。けと諦めたら何も残んねぇ」

そこに、赤司、緑間、紫原がやって来た。

「青峰」

赤司が呼びかけた。

「最近見ないと思っていたらこんなところにいたのか」

kurokonobasuke-q205-9

そして黒子を見つけた赤司は、黒子と話がしたいと言う。

緑間はそんな赤司を見て信じられない思いだった。

『まさか・・彼だと言うのか、6人目(シックスマン)は------』

kurokonobasuke-q205-10

-ストーリーダイジェスト

Copyright© 黒子のバスケキャラクター能力&プロフィール , 2020 All Rights Reserved.