*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第229Q 「行ってきます」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

決勝の朝

黒子の話を聞いた翌日。
ついにウインターカップ決勝を迎えた。

最終決戦を前にした昼下がり、リコは日向の元を訪れていた。

日向の手が器用に動く。
リコの髪は綺麗にショートカットになった。

「こんなもんでどーっすかお客さん」

鏡越しのリコに日向が尋ねる。

リコは満足そうに鏡に映る自分を見て言った。

「・・・・うんバッチリ!ありがとう」

kurokonobasuke-q229-1

リコが髪を伸ばしていたのは、ウインターカップへの願掛けだった。
決勝に進んだ今、もう願掛けの必要は無い。

「勝とうね!がんばれキャプテン!」

それぞれの昼下がり

木吉は伊月の家で昼食を食べていた。

違和感なく食事をする木吉を前に、伊月が尋ねる。

「いや・・なんで木吉、ウチで一緒に飯食ってんの?」

「いやぁ・・体ほぐすために軽く走ってたら伊月のお母さんにバッタリ会ってな」

食事が終わり、伊月と言葉を交わす木吉。
伊月は木吉に問う。

「応援には誰も来ないのか?」

木吉が答える。

「年だし、応援にくるのはちょっとしんどいかな」

伊月とともに、優勝への決意を新たにする木吉。

「家に帰って話すなら、勝った報告じゃないとな」

他の誠凛のメンバーもそれぞれに、決勝への想いを、勝利への想いを新たにしていた。


タイガとタツヤ

火神は氷室と再会していた。

「わざわざ悪いな・・・タツヤ。決勝の前にどうしてもケリを付けておきたくて」

神妙な面持ちで氷室と向かい合う火神。
kurokonobasuke-q229-2
kurokonobasuke-q229-3

「その話はもういい。謝るのはオレの方だ。今まですまなかった、タイガ」

火神は以前と同じように氷室と接することを望んでいた。
氷室もまた、敵として、兄弟として、火神と接することを望んでいた。

氷室は火神と対戦した夜、アレックスと話していた。
言われなくても、自分が悪いとわかっていた。と話す氷室。

「オレのワガママのせいでタイガを苦しめた。すまなかった。」

kurokonobasuke-q229-4

火神の肩に手をかけ、氷室は火神に想いを伝える。

「Let me see you become the No.1 player. Bro(No.1になって来い兄弟)」

「・・・・・’Course!(おう!)」

kurokonobasuke-q229-5


バスケットやっていて良かった。

黒子は一人、体育館に居た。
誠凛に入学してからこれまでのことを思い出していた。

kurokonobasuke-q229-6

「バスケットをやっていてボクは本当に良かった」

バスケットゴールを前に一人つぶやく黒子。
kurokonobasuke-q229-7

「今夜、その気持ちをすべてぶつけます。赤司君」

そして、黒子は体育館をあとに、決勝の舞台に向かう。

「行ってきます」

kurokonobasuke-q229-8

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第236Q 「破られた・・・・!?」

綻び始めた力 試合は第1Q残り4分。 火神のマークは赤司から葉山に戻った。葉山は火神をじっと

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第207Q 「ようこそ」

期待以上です 黒子の新しいプレイスタイルで次々とパスを回し、二軍からリードを奪う三軍。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

ついにウィンターカップ決勝 ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第217Q 「行こうぜ」

勝利のために 全中二連覇のかかった決勝戦。 主将である赤司を始めとするキセキの世代は、試合を

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑