*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第228Q 「とっくに仲間だろーが」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

日向と木吉の想い

帝光中学時代の悲劇について黒子は全てを語った。

日向と木吉はリコを送り届けた帰り道で語り合う。

「悲しい話だったが、オレは話してくれて嬉しかった」

と木吉が言う。

「ああ、そうだな。今まで知らないことも多かったし、打ち解けきれない部分もあったと思うんだ」

と日向。

話を聴き終わったメンバーの、それぞれの反応を思い出していた。
日向は、むしろ俺は火神と同意見だ、と木吉に言った。


とっくに仲間だろーが

黒子の話を聴き終わった火神が言う。

「なんだよ、オメーが悪りーんじゃん。心配してソンしたぜ」

kurokonobasuke-q228-2

あいつらが正しいとも、間違っているとも思わない。
ただ、間違っていると思うなら、とにかくぶん殴ってやれば良かった。
ウジウジしてないでとにかく動けよ、と黒子に言う。

「そうですね。火神君の言う通りです」

と黒子。

「ボクは何も出来ず、ボクのせいで彼はバスケをやめたも同然です」

と続ける黒子に、火神はさらに言葉を重ねた。

「だからウジウジすんなっつってんだろーが。そんでどーすんだよ?ボクは本当はこんな人間なんです。それでも仲間として受け入れてくれますか?とでも言うのか?」

火神は黒子をじっと見つめる。

「とっくにそう(仲間)だろーが。お前はそう思ってなかったのかよ!?」

kurokonobasuke-q228-3

同じ想いで黒子を見る誠凛メンバー達。
日向が口を開く。

「そうだな火神、良く言った。だがさっきからお前ばっかり喋ってんじゃねーか!オレらだって言いたいこと色々たまっとるわ!!」


赤司の秘密

木吉と日向がリコを送り届けた帰り道と同時刻、他のメンバーも帰路についていた。

黒子の話を思い出していたメンバーは、赤司の人格についての話を気にかけていた。
ポジション的に赤司のマッチアップである伊月は、どうしても頭から消すことが出来ない話があった。

「赤司の人格についての話もにわかに信じがたいけど、黒子が付け加えたある仮説」

 と話す伊月。

黒子の口から、信じられない話を聞いていた。


赤司征十郎は二人いる

黒子の話を聞き終わったあと、木吉はひとつの疑問を持つ。
なぜ、緑間は火神に対し警告したのか。

エンペラーアイという能力はすでに全員が見ている。
極端な話、二人いることは知らなくても試合は出来る。

つまり、能力はすでに見ているのだから、赤司の人格が二人いても関係ないだろう、と考えていた。
その考えに同意する面々。

黒子が口を開く。

「それについて、今から話そうと思っていました」

黒子は、緑間の仮説を皆に話した。

キセキの世代の能力は、特別なキッカケがあって開花したわけではなく、突然の開花とはいえ、自然と花開いたもの。

しかし、赤司は少し違う。

赤司の能力は紫原との1on1の際、もう一人の赤司と入れ替わることで、半ば強引に開花したものである。
だが、もしあの時紫原とやらず、もう一人の赤司に変わっていなかったら?


赤司征十郎には能力が2つある

黒子の話に、驚愕の表情を見せる日向達。

黒子はさらに言葉を続ける。

「エンペラーアイはもう一人の赤司君の特有の能力で、
本来開花するはずの能力が他にあったとしたら?」

「赤司征十郎には能力が2つある。エンペラーアイ、それともう一つ同等か、それ以上の能力が」

kurokonobasuke-q228-4


黒子の答え

全員が帰路についた火神邸。

最後に黒子が帰ろうとしていた。
黒子は、まだ話してないことがある、と火神に言う。

卒業式の日に、実は赤司と話をしたという。
その時に、何か答えは出たか?と赤司に問われた。
ボクはまだ何も答えられなかった。

だが、伝えた言葉があった

「ただ、もう逃げない」

それを聞いた火神は

「なんでさっき皆がいる時話さなかったんだ?」

話しそびれたと、黒子は言う。

「でも、もう答えは出ているからいいんです。」


最終決戦へ

それぞれの想いを秘め、最終決戦への決意を新たにする誠凛の面々。

リコは最終決戦に向けて、遅くまで作戦を練っていた。

赤司が間違っているかどうか、それは意識するべきことではない。
その為にバスケやってるわけじゃない、と話す伊月。
俺達のゴールは日本一、と話す木吉と日向。

そして、それは赤司、洛山高校にとっても同じだ。

黒子と火神は拳を合わせる。

「スカッとバスケしよーぜ、そんで、勝つぞ最終決戦」

kurokonobasuke-q228-5

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第255Q 「がんばるぞ!」

伊月は一流だ 誠凛64-洛山80 誠凛の連続得点でついに16点差にまでスコアが縮まった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第206Q 「彼しだいさ」

転換点 赤司と対面を果たした黒子。 赤司は黒子に問いかける 「いくつか質問してもい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第267Q 「久しぶりだね」

すまない 交代をさせようとする監督を遮り、出場続行を希望する赤司。 しかし、ここまで赤司の様

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第214Q 「楽しみだ!」

全中出場決定 キセキの世代は、過去最強の帝光中学と噂され、全中地区予選初戦を快勝。そして、危なげな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

複雑だぜ 日向は中学時代を思い出していた。 『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第260Q 「忠告だ」

可能だ ウィンターカップ初日終了後の夜。 洛山高校調整用体育館では、赤司が一人コートに立っていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑