*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 ストーリーダイジェスト

鉄心VS剛力

木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。
木吉は根武谷のパワーと技術の前にリバウンドをうまく取ることも出来なかった。

kurokonobasuke-q244-4

パワーだけではなく王者洛山のセンターである根武谷の体の使い方は、間違いなく一級品であった。

リバウンドから洛山の攻撃が始まる。
誠凛はディフェンスの時間が長くなってきていた。

洛山のボールが葉山に渡ると火神がディフェンスで対応する。
葉山は火神を抜きにかかるが、そこは火神が粘る。

『4本にもうついてきた!!さすがに火神は一筋縄じゃいかないねっ・・・!!』

kurokonobasuke-q244-5

センター対決

そして葉山から根武谷にボールが渡り、センター対決となった。
会場が見守る中、根武谷は木吉の頭上からダンクを決めるのであった。

「オレに小細工なんざ・・・いらねぇんだよ!!」

kurokonobasuke-q244-6

根武谷にパワーに対応する木吉のスタミナは著しく消耗していた。

伊月が攻めあぐねる。

『どう攻める!?やはり火神か!?』

迷う伊月に木吉がボールを呼びこむ。

「伊月くれ!!」

再度のセンター対決。

木吉はボールを受けるが、根武谷を押しこむことが出来ない。

『負けるか——!!』

木吉はダンクシュートの体制に強引に入った。
しかし、攻めきれずパスを出すのだった。

シュートは決まったが、それは木吉がシュートを打てなかったことを意味する。

kurokonobasuke-q244-7

アカンやろ

「いやぁ・・・・アカンやろ」

観客席の今吉がつぶやく。

「パスを出すのと出させられるのとでは意味が全然ちゃう。今のは確実に後者や。間違ってへん。それでも・・・」

誠凛と洛山の点差は15点差に開いていた。

誠凛は間違ったプレイはしていない。
しかし、点差だけが開いていくのだった。

つまり、これが力の差だった。

kurokonobasuke-q244-8

今吉は青峰に言った。

「ライオンとチワワに例えとったな。ワシに言わせたらライオンと小バエや。ライオンはたかる小バエをわざわざ払ったりせん。赤司が特別何もしないのもそれと一緒や」

奇跡を起こすには・・

そして、黛がパスを回し更に点差が開く。17点差・・・・!!

kurokonobasuke-q244-9

伊月が黛を抑えることで黛のパスは封じているかに見えた。
しかし、効果はゼロになったわけではない。

伊月が他に気を取られたスキをついて、黛はパスを決めた。

「姿を消すのがオレの仕事だが、忘れられては困るな」

kurokonobasuke-q244-10

誠凛はいいチームだが、今のままではいいチームでしかない。
奇跡を起こすチームにするためには、黒子が必要だった。

kurokonobasuke-q244-11

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。 残り8秒。 全員がカウン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第228Q 「とっくに仲間だろーが」

日向と木吉の想い 帝光中学時代の悲劇について黒子は全てを語った。 日向と木吉はリコを送り届け

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第243Q 「私の勝ちね」

私の勝ちね 日向は焦っていた。 【天】と【地】2つのシュートだけでも厄介な上に、【虚空】という未

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

人間観察 黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第220Q 「忘れちまった」

紫原敦 帝光は相変わらずの強さを誇っていた。 特に紫原は、これまでパワーと体格で他を圧倒していた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

全中二連覇の翌日。 全中二連覇を達成した翌日、 朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑