*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

ついにウィンターカップ決勝

ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に会場を訪れていた。

「青峰が素直に決勝見にくるなんて、雪でも降るんちゃうか?」

 と今吉はからかう。

そして会場に向かう途中、

「紫原が素直にワシらと一緒に見に来るなんて、雪でも降りそうじゃな」

陽泉高校の岡村と紫原に出くわす。

紫原も、勝負の行方を観戦に来ていた。

「ねー峰ちん、どっちが勝つと思う?」

「3決はもう決まってるだろ。決勝は知んねーよ。だから見届けに来たんだろ」

3位決定戦

かつての対戦相手が続々と集まる中、ついにWC男子3位決定戦「海常高校VS秀徳高校」の試合が開始された。

しかし、黄瀬の欠場で試合は一方的な展開となった。
緑間を止めることは出来ないまま、前半は終了となった。
秀徳【49点】 VS 海常【28点】

諦めない海常の姿勢と、手を抜かない秀徳に観客は敬意を示す。
そして、決勝へのボルテージは高まり始めていた。

インターバルでの洛山高校と誠凛高校のウォーミングアップに、会場は盛り上がる。

kurokonobasuke-q230-1

実力の片鱗

ウォーミングアップ中の洛山高校を見て、日向は洛山高校ががウォーミングアップ中のレイアップシュートを一本も外さないことに気付く。

日向:「どんな強豪でもアップ中何本か外す。逆に100%入れてるところなんて見たことねぇ。レイアップシュートをみてゾっとしたのは初めてだ」

マッチアップ

かつて無冠の五将と呼ばれた面々は、誠凛との対戦を前にボルテージが上がっていた。

根武谷永吉(木吉とマッチアップ):

「あいつとは因縁もあるしな。つい筋力がふくれあがっちまう」

実渕玲央(日向とマッチアップ):

「イモくさいのはタイプじゃないけど、ちゃんとかわいがってあげるわよ」

葉山小太郎(火神とマッチアップ):

「ま、なんとかなるっしょ。要は誠凛ぶっ潰せばいいってことでしょ?」

それぞれのマッチアップを前に、気合は十分だった。

受けてやろう

ついに赤司と黒子が対面を果たす。

赤司が黒子に問う。

「ついにこの日が来たね。テツヤ。正直驚いているよ。あの時の答えはでたかい?」

まっすぐに見つめ、黒子が言う。

「はい」

「では、見せてもらおうか、お前(黒子)のバスケを」

「・・・いいえ、見せるのはボクのバスケではありません。ボク達(誠凛)のバスケです」

kurokonobasuke-q230-2

不敵に笑う赤司

「なるほど。受けてやろう」

kurokonobasuke-q230-3

ついに、決勝の幕が開く。

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

鉄心VS剛力 木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。 木吉は根武谷のパワーと技術の前に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第268Q 「どうすりゃいいんだ」

完璧なリズム 洛山の全員ゾーンが発動し、驚愕する誠凛。 これが赤司の真の能力なのか。 全員

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

進化の代償 勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。 その黒子に対

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑