ストーリーダイジェスト

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第264Q 「初めてじゃないかな」

あり得ない光景

黒子の擬似的エンペラーアイで、赤司の攻撃を止めることに成功した誠凛。
すかさず火神がターンオーバー、洛山陣地に攻め込む。

kurokonobasuke-q264-2

止めに入る葉山もあっという間にかわしてゴールへと向かうが、怒りの形相の赤司がすぐに追い付いてきた。
葉山をかわすためにロールを繰り出し、スピードの落ちた火神の前に、あっという間にディフェンスに入る赤司。

そしてエンペラーアイで、火神のに対しボールスティールを狙う。

kurokonobasuke-q264-3

しかし。

スティールを繰りだそうとしたその瞬間、ボールは火神から黒子の手に渡る。
それは、火神がパスをしたのではなく、黒子が火神から奪うような形だった。

kurokonobasuke-q264-4

さすがの赤司もこれは予想が出来ない。
その間に、火神はゴールへと向かう。
すかさず黒子は火神へアリウープにつながるパスを空中へ放つ。

完全に赤司を出し抜いたと思ったが、またもや赤司が追いつく。

kurokonobasuke-q264-5

空中でボールをキャッチする火神。
そして、その火神の前にブロック体勢に入る赤司。

「ふざけるな。絶対は僕だ。負けることなど・・・絶対にあってはならない!!!おおおぉぉ!!!」

咆哮とともに、火神をブロックする赤司。

「決めろ火神----!!」

誠凛の全員が火神のダンクに想いを込める!

kurokonobasuke-q264-6

『ああ・・・まかせろ。決めるさ。みんなの想いを背負ってんだ。絶対に決めてみせる』

空中で赤司に対峙する火神は、全員の想いを込めて、ボールをゴールへ叩き込む!!!

「うぉああぁぁ!!」

火神の咆哮とともに、赤司の頭上から、ボールはゴールへ叩きつけられた。

kurokonobasuke-q264-7

会場にいる誰もが、キセキの世代の全員が驚いた。
ついに、火神が赤司を倒したのだった。

洛山メンバーは驚きで声も出ない。
そしてなにより赤司が、目の前の状況を飲み込めずにいた。

kurokonobasuke-q264-8

kurokonobasuke-q264-9

初めてじゃないかな

「ほんのわずかなズレも許されない。黒子は、驚くべきことをやっているのだよ」

試合を見ていた緑間は驚愕の表情を浮かべ、高尾と話していた。

そして、言葉を続ける。

「動きを予知できると言っても、今の火神はゾーンに入っている。その動きに黒子の速さで合わせようと思ったら、とてつもなくシビアなタイミングを要求されるはずだ。そして火神は、黒子に全てを委ねている。黒子を100%信用していないと出来るはずはない。まさに、光と影。火神と黒子だからこそ出来た、エンペラーアイ破りだ。」

kurokonobasuke-q264-10

同じく会場で見ていた氷室は、紫原に尋ねた。

「推測だが・・・彼がここまでやられたのはもしかして高校で初めてじゃないか・・・?」

「・・・いや、多分オレと中学の頃やった時以来・・だよ。しかもその勝負も結局最後は赤ちんが勝ったし、それ以前も負けたこととか聞いたこと無い。だから初めてじゃないかな・・。高校どころか、生まれて初めて負けを感じてる」

紫原が答えた。

kurokonobasuke-q264-11

ボールは洛山高校に移り、洛山の攻撃となった。
しかし、いつもと様子が違った。

赤司のシュートですぐに点を取り返すはずだったが、赤司のシュートが外れたのだった。

kurokonobasuke-q264-12

「初めて見んな。あんな赤司は・・・。今までに無いほど心が乱れてやがる。動揺=雑念だ。」

会場で見ていた青峰がつぶやいた。

赤司の顔は疲労で歪み、ゾーンも解けてしまっていた。

kurokonobasuke-q264-13

誠凛の反撃は、火神がシュートを決め、誠凛が得点を重ねる。
しかしその火神も、限界が近づいていた。

誠凛82-洛山92。
点差は再び10点差。
残り時間8分--!

kurokonobasuke-q264-14

-ストーリーダイジェスト

Copyright© 黒子のバスケキャラクター能力&プロフィール , 2020 All Rights Reserved.