*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

公開日: : 最終更新日:2013/12/03 ストーリーダイジェスト

誠凛の思惑

同点で第1Qを終えた誠凛。
戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものもあった。
第2Qでは黒子を温存し、その間に対策を練ることにした。

勝つためには黒子の力が必要だと励ます火神。

「全く使い物にならねーお前がいても大丈夫だったんだ。こっちのことは心配すんな!」

kurokonobasuke-q238-1

黒子は復活を誓う。

「絶対もう一度コートに戻ります。勝つために・・・!」

黒子の代わりに入る水戸部なら、洛山の5番黛を相手に出来る。
誠凛のベンチは第2Qも勝算はあると踏んでいた。

kurokonobasuke-q238-2

王者洛山の戦い方

一方洛山ベンチ。
監督の白金は選手に指示を出す。

「想定を超えるほどではない。様子見はここまでだ。第2Qはプラン通りで問題ない」

それを受けて赤司が言った。

「誠凛の力はもう十分把握した。ここから先は蹂躙するまでだ。点をとってもらうぞ。ボールを回す。」

秀徳戦ではホークアイの使い手がいたため使うことはなかったが、それほど視野の広くないイーグルアイならば、使えるルートがあるという。

kurokonobasuke-q238-3

そして第2Qが始まった。
水戸部は洛山の5番、黛にピッタリとDFでくらいついていた。

観客は洛山高校の5番について、たいしたことが無いと評価を下していた。
その様子を見ていた青峰は、桃井に聞いた。

「おいさつき、洛山の5番ってどんなやつだ」

kurokonobasuke-q238-4

桃井によれば、オフェンス力、ディフェンス力ともに、Cランク。
レギュラーとして試合に出るようになったのは、3年。
赤司が入学してしばらくしてからだと言う。

しかもそれまでベンチはおろか、一軍にも入れていない。

それを聞いた青峰は言った。

「・・・はあ?なんだそりゃ。そっくりじゃねぇか、どっかの誰かとよ」

明かされる能力

コート上では異変が起きていた。

赤司が根武谷に出したパスは明らかにパスミス。
木吉のマークが外れておらず、カットできるコースだった。

kurokonobasuke-q238-5

しかしその時。

水戸部の目の前から黛が消え、パスコースを変えた!
ボールは実渕に渡り、スリーポイントシュートを許してしまったのだった。

kurokonobasuke-q238-6
kurokonobasuke-q238-7

ざわつく誠凛ベンチ。
今のは・・・ミスディレクション!?
まさか・・黒子と同じ!?

赤司は静かに言った。

「同じ・・・?少し違うな。基本性能はすべて一回り高く。パス以外のスキルも苦手がない。いわば、テツヤは旧型。黛千尋は新型の幻の6人目(シックスマン)だ」

kurokonobasuke-q238-8

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第257Q 「行くぜ洛山!!」

第3Q終了―誠凛 第3Q(クォーター)を終了し、二分の休憩となった。 点差は20点差。 残すは

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」

決勝開戦 ついに試合が開始された。 最初のジャンプボール、火神は木吉に願い出る。 「ジャン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第247Q 「いやだ」

ファウルトラブル 日向は実渕の『地』のシュートによりシュート妨害のファウルを取られてしまう。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月の

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第259Q 「絶対止めてやる」

望むところだ 実渕のスリーポイントを止めた日向。 自分のシュートを止められたことで、実渕は闘争心

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第209Q 「できるさ!」

青峰の想い キャプテンの虹村とコーチの真田が黒子を降格させる話を耳にしてしまった青峰は、思わずその

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑