*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第214Q 「楽しみだ!」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

全中出場決定

キセキの世代は、過去最強の帝光中学と噂され、全中地区予選初戦を快勝。そして、危なげなく全中出場を決める。

しかし、順風満帆に全中出場が決まったわけではない。
ストーリーは初戦突破の翌日まで遡る。

全中予選、初戦突破を祝う桃井、そしてキセキメンバー。
黒子はやたら嬉しそうだが、他のメンバーは「いつもどおり」と冷ややか。

そして赤司がひとつの提案をする。

「強すぎて、モチベーションの低下が見られるのがチームの課題、よって、次の試合から一人必ず20点取ることをノルマとする」

ところが、一人気乗りしない青峰。
赤司に、青峰が最もモチベーション低下が見られる、と指摘を受ける。
スコアラーなら、得点にもっと執着しろ、と。

ノルマをこなしながら順当に勝ち進む帝光だが、ある日、青峰が突然、連絡も無しに練習を休む。

原因は、サボりだった。

強すぎるゆえの悩み

黒子は、ある人物に相談を持ちかける。
電話の相手の名は「荻原シゲヒロ」

「今度は黒子が助けてやれよ。それがチームメイトだろ」

と、アドバイスを受ける。

青峰のモチベーションは回復しないままではあったが、青峰はその才能を開花させる。
だが、当人は全くバスケが楽しそうではない。

緑間は

「強すぎて周りとの差が開きすぎている、誰よりもバスケが好きなのに、そのせいで、バスケがつまらなくなっているのだろう」

と分析する。

事実、青峰は「頑張った分だけつまらなくなる」と黒子に吐露する。

「ボクが相手だったら、どれだけ差があろうと、手抜きはして欲しくない」
と黒子は青峰を諭す。
その後、青峰はモチベーションを回復し、楽しそうにプレイする。

そして、全中出場を決める。

一方、荻原シゲヒロも、全中出場とレギュラーを獲得。

黒子にとって初めての全中が始まる。

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第233Q 「やばくねーか?」

開始早々いきなりゾーン全開の火神 開始早々、火神はゾーンに突入。 想定外の展開に、誠凛ベンチもざ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第228Q 「とっくに仲間だろーが」

日向と木吉の想い 帝光中学時代の悲劇について黒子は全てを語った。 日向と木吉はリコを送り届け

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

全中二連覇の翌日。 全中二連覇を達成した翌日、 朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑