*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第214Q 「楽しみだ!」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

全中出場決定

キセキの世代は、過去最強の帝光中学と噂され、全中地区予選初戦を快勝。そして、危なげなく全中出場を決める。

しかし、順風満帆に全中出場が決まったわけではない。
ストーリーは初戦突破の翌日まで遡る。

全中予選、初戦突破を祝う桃井、そしてキセキメンバー。
黒子はやたら嬉しそうだが、他のメンバーは「いつもどおり」と冷ややか。

そして赤司がひとつの提案をする。

「強すぎて、モチベーションの低下が見られるのがチームの課題、よって、次の試合から一人必ず20点取ることをノルマとする」

ところが、一人気乗りしない青峰。
赤司に、青峰が最もモチベーション低下が見られる、と指摘を受ける。
スコアラーなら、得点にもっと執着しろ、と。

ノルマをこなしながら順当に勝ち進む帝光だが、ある日、青峰が突然、連絡も無しに練習を休む。

原因は、サボりだった。

強すぎるゆえの悩み

黒子は、ある人物に相談を持ちかける。
電話の相手の名は「荻原シゲヒロ」

「今度は黒子が助けてやれよ。それがチームメイトだろ」

と、アドバイスを受ける。

青峰のモチベーションは回復しないままではあったが、青峰はその才能を開花させる。
だが、当人は全くバスケが楽しそうではない。

緑間は

「強すぎて周りとの差が開きすぎている、誰よりもバスケが好きなのに、そのせいで、バスケがつまらなくなっているのだろう」

と分析する。

事実、青峰は「頑張った分だけつまらなくなる」と黒子に吐露する。

「ボクが相手だったら、どれだけ差があろうと、手抜きはして欲しくない」
と黒子は青峰を諭す。
その後、青峰はモチベーションを回復し、楽しそうにプレイする。

そして、全中出場を決める。

一方、荻原シゲヒロも、全中出場とレギュラーを獲得。

黒子にとって初めての全中が始まる。

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第207Q 「ようこそ」

期待以上です 黒子の新しいプレイスタイルで次々とパスを回し、二軍からリードを奪う三軍。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第236Q 「破られた・・・・!?」

綻び始めた力 試合は第1Q残り4分。 火神のマークは赤司から葉山に戻った。葉山は火神をじっと

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第267Q 「久しぶりだね」

すまない 交代をさせようとする監督を遮り、出場続行を希望する赤司。 しかし、ここまで赤司の様

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第212Q 「負ける気がしねぇ」

灰崎の退部 黒子が説得を試みたものの、灰崎は退部をすることになった。 黒子は練習中チームメン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

複雑だぜ 日向は中学時代を思い出していた。 『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第264Q 「初めてじゃないかな」

あり得ない光景 黒子の擬似的エンペラーアイで、赤司の攻撃を止めることに成功した誠凛。 すかさず火

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑