*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

公開日: : 最終更新日:2013/11/20 ストーリーダイジェスト

全中開幕

全国中学校体育大会が開幕した。
帝光—キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨んでいた。

そして、黒子との対戦を約束していた荻原シゲヒロも、この全中の舞台へと出場を決めていた。

監督の真田は試合前に、選手に指示を出していた。

「この試合だけは何があっても全力でやるんだ」

圧倒的な力

帝光中学校一回戦の結果に、会場は静まり返っていた。

帝光198-平峰8

試合に勝っても、キセキの世代のメンバーには笑顔は無かった。
すでに、全国の舞台でのプレッシャーも感じず、その圧倒的才能は、重圧をも踏み潰すものの程であった。

大会は2日目からはトーナメントとなり、明洸はエースの荻原を中心に勝ち進み、帝光は当然の如く勝ち進んでいた。
キセキの世代は全力を出すことはなく、誰が一番点数を取れるか、という遊びで競っていた。
キセキの世代にとって、対戦相手など眼中になかったのだ。

kurokonobasuke-q225-3

約束の対戦を前に

最終日を迎え、明洸は逆転勝利でついに決勝進出を果たす。

帝光は準決勝へと駒を進めていた。

黒子は、荻原との対戦を前に、準決勝のスターターを希望する。
準決勝の相手は、鎌田西中学。
去年の決勝戦で対戦し、双子に手こずらされた相手だった。

kurokonobasuke-q225-7

しかし、帝光は難なくリードを広げる。
荻原シゲヒロはその様子を見ていた。

黒子。なんでお前は笑ってないんだ

帝光はキセキの世代全員をベンチに下げた。
帝光89-鎌田西45。すでに帝光の勝利は決まっていた。

しかしその直後、鎌田西のラフプレーにより、黒子は負傷してしまう。

kurokonobasuke-q225-8

荻原と赤司の対峙

荻原シゲヒロは医務室を訪れていた。
黒子の様子を心配するが、黒子はまだ目を覚まさない、と桃井から聞くと、踵を返した。

立ち去ろうとする荻原の前に赤司が現れる。

「誰だいキミは・・テツヤに何か用か?」

kurokonobasuke-q225-9

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第258Q 「もう止めねーよ」

決戦前夜 ウインターカップ決勝の前夜、日向と木吉は練習の帰り道を歩いていた。 木吉は、かつて

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第228Q 「とっくに仲間だろーが」

日向と木吉の想い 帝光中学時代の悲劇について黒子は全てを語った。 日向と木吉はリコを送り届け

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第213Q 「獅子搏兎」

人間観察 学校帰りに黒子と話す青峰。 黒子は、プレイスタイルを変えてから、人間観察をするようにな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

進化の代償 勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。 その黒子に対

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑