*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第226Q 「勝利ってなんですか?」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

荻原と赤司の対面

決勝を前に負傷した黒子。
そこへ、黒子の見舞いに荻原がやってくる。

荻原は、医務室の前で赤司と対面し、黒子の決勝戦欠場を知らされた。

黒子がいようと居まいと、結果は同じ、と話す赤司に対し荻原は、バスケをやってて楽しいか?と問う。
荻原は、負けても楽しければいいなど、弱者の言い訳だと話す。

kurokonobasuke-q226-1

「黒子に!絶対またやろうとだけ言っといてくれ・・・!」

荻原は立ち去る赤司の背中に向けて言った。

黒子の願い

眼を覚ました黒子。
自分も試合に出る、とベッドを降りるが、赤司に止められる。

赤司は、荻原のメッセージを黒子に伝えた。

黒子は、赤司に願うように言った。

「決勝は・・本気でやってください。お願いします」

kurokonobasuke-q226-2

赤司は立ち去りながら黒子に言った。

「わかった思い知らせてやろう。帝光の力を」

会場に戻るとキセキの世代のメンバーがなにやら話しをしていた。
次の試合、誰が一番点を取れるか競うのも飽きた。
別の方法を思いついたからそれでやろう、ということだった。

kurokonobasuke-q226-3

赤司は不敵に笑いながら

「いいじゃないか。ただの点取りゲームよりはるかに楽しそうだ」

と言い放つ。

三連覇達成

黒子が目を覚ますと、試合はすでに第4Qが始まったところだった。

外のディスプレイで試合の様子を見た黒子。
圧倒的点差で、帝光中学校の優勝はほぼ決定だった。
桃井も三連覇も目前、と黒子に話した。

しかし、黒子はつぶやく。

「・・・違う。この試合は何か・・・変です」

明洸中学は、ラスト15秒、せめて二桁の点数は取って一矢報いようとする。

「どうせ負けんなら最後のゴール決めて、胸張って負けよーぜ!!」

と荻原がチームを鼓舞した。
kurokonobasuke-q226-7

最後のシュートを放った名洸だが、惜しくも外れてしまう。
しかし、紫原がリバウンドに見せかけて自殺点を決める。

kurokonobasuke-q226-8

その理由は・・・。両チームの点数を1に揃えるためだった。
111(帝光) - 11(明洸)

帝光中学校の全中三連覇は達成された。
kurokonobasuke-q226-9

勝利って何ですか?

優勝が決まったにも関わらず、黒子は苦しんでいた。

友達との約束を達成出来なかった上、ただのお遊びとして試合をしたキセキの世代メンバー。

優勝したのに喜べない。
これが勝利と呼べるのか。

黒子は声にならないうめきとともに泣いた。

『じゃあ・・・勝利ってなんですか?』

kurokonobasuke-q226-11

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第236Q 「破られた・・・・!?」

綻び始めた力 試合は第1Q残り4分。 火神のマークは赤司から葉山に戻った。葉山は火神をじっと

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第215Q 「がんばりましょう」

全中開幕 黒子の友人である荻原シゲヒロは、全中での黒子との対戦に向けて、熱のこもった練習に励んでい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外した。 木吉がリバウンドを取る

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第257Q 「行くぜ洛山!!」

第3Q終了―誠凛 第3Q(クォーター)を終了し、二分の休憩となった。 点差は20点差。 残すは

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第266Q 「誰だお前」

誰だお前 誠凛90-洛山92 残り5分。 ついに1ゴール差にまで追いついた誠凛。 たま

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑