*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

公開日: : 最終更新日:2013/11/29 ストーリーダイジェスト

デビュー

交流戦の会場へと入る帝光中学校。
余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合となる黒子は緊張を隠せなかった。

kurokonobasuke-q208-3

本来スターティングメンバーだったはずの灰崎が仮病で休みのため、急遽黒子がスタメンとなった。
会場中の注目を集める帝光中学の試合。

kurokonobasuke-q208-4

帝光ボールでの試合開始となったが、開始一秒で足をもつれさせて転んでしまう黒子。
鼻血を出してしまったため、レフェリーストップがかかり虹村と交替となってしまった。

kurokonobasuke-q208-5

中学No1ポイントガードの呼び声が高い虹村の登場で会場はざわめく。
虹村がポイントガードとして他のメンバーを生かし、帝光は圧倒的な力を見せた。

kurokonobasuke-q208-6

懸念

しかしコーチの真田には懸念材料があった。
それは、一年であるがゆえのスタミナ不足。後半から全員のパフォーマンスが落ちてしまうことだった。

そして、黒子であった。

kurokonobasuke-q208-7

虹村と交替し、再度試合に出場する黒子。
しかし、緊張とプレイスタイルを完全にものにしていないという不安定さからかミスを連発してしまう。

kurokonobasuke-q208-8

試合は帝光の勝利に終わったが黒子は落ち込んでいた。
そんな黒子を青峰は励ます。

「元気出せってテツ!次で挽回すりゃいーさ」

kurokonobasuke-q208-9

帝光は、午後にもう一試合残しているのだった。

降格

青峰は、買い出しに行く途中、キャプテンの虹村と、コーチの真田が話をしてるところへ遭遇する。

「次はない。さきほどの試合で十分わかった。黒子はやはりダメだ。降格してもらう」

青峰は、真田の非情な言葉を耳にするのだった。
kurokonobasuke-q208-10

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

誠凛の思惑 同点で第1Qを終えた誠凛。 戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものも

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト第222Q 「僕らはもう」

赤司豹変後・・・ 赤司の豹変に対する周囲の反応は思いの外静かなものだった。 一軍部員は、新体制移

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第206Q 「彼しだいさ」

転換点 赤司と対面を果たした黒子。 赤司は黒子に問いかける 「いくつか質問してもい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第225Q 「何か用か?」

全中開幕 全国中学校体育大会が開幕した。 帝光---キセキの世代は、三連覇を果たすべく大会に臨ん

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第252Q 「ラクダが言いました」

縮まらない点差 黒子の復活で、誠凛は洛山DFのスキをつく攻撃を繰り出せるようになった。 しかし洛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑