*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第271Q 「百年早い」

公開日: : 最終更新日:2014/08/03 ストーリーダイジェスト

いつかやってみてーな

真のゾーンに到達した火神と誠凛選手たち。
火神と黒子は赤司のディフェンスを抜き、反撃に出る。

kurokonobasuke-q271-1

しかし、洛山選手も赤司の能力によりゾーンに近い状態。
赤司を抜いたが、根武谷、葉山が火神の前に立ちはだかる。

真のゾーンとは、ゾーン状態の火神の動きに他の選手が合わせることで完成する。
しかしその動きは、考えていては間に合わない。
最小限のアイコンタクトと、これまで築いてきた絆の力が真のゾーンには不可欠だ。

『ゾーンに入った火神のスピードに合わせるには考えていたら間に合わない。考えるな・・直感に委ねるんだ!出来るはずだ。信じろ!オレ達の絆を!!』

木吉は火神と一瞬のアイコンタクトを交わすと、目にも止まらぬ速さで火神とのパスコンビネーションを繰り出す。
その動きに根武谷、葉山は全く対応出来ない。
一瞬で二人を抜き去ると、火神はそのままアリウープを決めた。

kurokonobasuke-q271-2

kurokonobasuke-q271-3

驚愕する洛山高校、そして会場もその信じられない動きに沸き立った。

残り時間1:21 誠凛98-洛山103 点差は5点。

「ゾーンの速さの連携・・・なんて。まさか。そんなことが・・・」

黛と実渕は目の前で起きたことが信じられなかった。

『これがあの扉の先・・・ゾーンを超えたゾーン。・・いや、むしろこれが本来あるべきカタチ。真のゾーンなのか—–!』

自身が開くことの出来なかったゾーンの先。
それを開いた火神を、赤司は驚きの表情で火神を見ていた。

kurokonobasuke-q271-4

「ちっ。やっぱ勝てねーかもしんねーなー。【オレ一人】じゃ・・・」

会場で見ていた青峰がつぶやく。

「・・・うん。そーだね。・・・大ちゃん」

桃井が青峰の心中を察したかのように返事をした。

「見ててワクワクする。帝光の強さは相手の心を折る冷酷な強さだった。バスケやめちまった奴もいたし、オレもすぐには立ち直れなかった。誠凛は強いけど・・・勝っても負けてももっともっとバスケが好きになる。いつかやってみてーな、アイツらと。」

声援を送った荻原が、立ち直った誠凛の姿を見つめていた。

kurokonobasuke-q271-5

百年早い

「ディフェンス絶対止めんぞ!!」

日向が誠凛の選手を鼓舞する。

日向の相手は実渕。
4ファウルの日向はファウルをすれば即退場となってしまう。
実渕の【天】【地】【虚空】の3ポイントシュートに対応するには、細心の注意が必要だ。

『集中しろ!重心の変化を見落とすな!!ここで退場なんてしたら全部パァだぞ!!』

日向は実渕を前に、ここ一番の集中力を見せる。

実渕がシュート体勢に入る。
【天】のシュートと判断した日向がブロックに飛ぶ。
しかし、それはフェイクだった。

実渕はドリブルで日向をかわすと、すかさずジャンプシュートの体制に入った。

「パスだ実渕!!そこは罠だ!!」

赤司の声と同時に、実渕の頭上には火神のブロックが迫っていた。

すかさず根武谷にパスを出す実渕。

kurokonobasuke-q271-6

だがそこには擬似エンペラーアイで先を読んだ黒子が待っていた。
実渕から根武谷へのパスは黒子によってカットされ、誠凛の反撃が始まる。

kurokonobasuke-q271-7

火神を起点に凄まじい速さの連携を見せる誠凛。

「日向だ黛!!」

エンペラーアイを持つ赤司だけが唯一その動きの先を読むことが出来るが、洛山の他の選手は対応しきれない。

パスが日向にわたると、すかさずシュートを撃つ。
しかしギリギリのところで、黛にブロックされてしまった。

kurokonobasuke-q271-9

すさまじい攻防を見せる両チーム。

「・・・だが押しているのは誠凛だ・・・。赤司がエンペラーアイでサポートしているが、それでも誠凛の連携速度がわずかに上回っている。」

緑間が攻防を冷静に分析する。

誠凛がもう一度洛山の攻撃を防ぐことが出来れば、次は得点できる可能性がある。
そうなれば3点差。
射程圏内になる。

「止めれば勝利が見える!!ふりしぼれ!最後の一滴まで!」

日向が全員に激を飛ばす。

必死のディフェンスを見せる誠凛。
しかし、そこに立ちはだかるのはやはり赤司だった。

自らボールを持つと、ディフェンスに入った火神をアンクルブレイクで転ばせる。
そして、シュートを放った。

「勝つのは・・・オレだ。王を討つなど百年早い!」

赤司の放ったシュートはゴールへと吸い込まれた。

kurokonobasuke-q271-10

kurokonobasuke-q271-11

残り41秒 誠凛98-洛山105 

あまりにも重い失点だった。

kurokonobasuke-q271-12

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第235Q 「最高じゃねーの?」

勝てるのか? 赤司のアンクルブレイクで火神は抜かれてしまう。 しかしすかさず、伊

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第229Q 「行ってきます」

決勝の朝 黒子の話を聞いた翌日。 ついにウインターカップ決勝を迎えた。 最終決戦を前にした

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月の

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第1Q 「黒子はボクです」

プロローグ 帝光中学校バスケットボール部。 部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト第222Q 「僕らはもう」

赤司豹変後・・・ 赤司の豹変に対する周囲の反応は思いの外静かなものだった。 一軍部員は、新体制移

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第266Q 「誰だお前」

誰だお前 誠凛90-洛山92 残り5分。 ついに1ゴール差にまで追いついた誠凛。 たま

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外した。 木吉がリバウンドを取る

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第228Q 「とっくに仲間だろーが」

日向と木吉の想い 帝光中学時代の悲劇について黒子は全てを語った。 日向と木吉はリコを送り届け

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑