*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

公開日: : 最終更新日:2013/10/08 ストーリーダイジェスト

全中二連覇の翌日。

全中二連覇を達成した翌日、
朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

「今日は朝練は休みのはずだが?」

と、赤司が現れる。

「なんとなく早起きしてしまったので・・。」

去年の今頃は3軍で、全く通用しなかった。
夢のようで実感がわかない。と語る黒子。

「赤司君のおかげです。ありがとうございます。」

「這い上がってきたのは黒子自身の力だ。
来年の三連覇に向けてまた、気を引き締めよう」

kurokonobasuke-q219-4

朝練が無いにもかかわらず、赤司が朝早く姿を見せたのは、
前夜、コーチから連絡を受けたからだった。

そこに桃井が、赤司を呼びに来る。

「白金監督が倒れたって!」

kurokonobasuke-q219-2


青峰、紫原の覚醒

午後になり、コーチの真田から全員に白金監督の病状が告げられる。
命に別状は無いが、もう監督に復帰することはない。
数年前から病を患っており、軽くない病である。

よって、本日より自分(真田)が監督になる、ということ。

翌日の練習。
今までに無い動きを見せる紫原。その動きは他を圧倒する。

「力が湧いてしょうがない。本気出したら味方でも捻り潰すかもしれない」

kurokonobasuke-q219-6

そして青峰も同様であった。
ディフェンス役が簡単に自分に抜かれてしまうことに苛立つ。

「いくらなんでもあっさり抜かれすぎだろ!気ぃ入れて守れよ!」

kurokonobasuke-q219-5

苛立つ青峰を心配する黒子。
だが、声をかけることは出来なかった。

キセキの世代の大きすぎる力

元監督の白金が懸念していた【大きすぎる力】が、
チームに亀裂を生むのではないかと懸念する新監督の真田。

チームに影響が出るならば、圧倒的な力を持っていたとしても、
スタメンを外す、最悪レギュラー降格も覚悟して臨む決心をする。

しかしその矢先、理事長から信じられない指示を受ける。

「今後、何があってもキセキの世代を試合に出しなさい」

世間でヒーロー扱いとなっているキセキの世代を、
宣伝塔として使う考えだった。

特別扱いをするのは、彼らのためにならないと抗議する新監督。
しかし、

「特別扱いをしろ、と言ってるんだ」

と理事長は命令する。

緑間、覚醒

練習後の体育館。
緑間は一人、シュート練習をしていた。

ふと、スリーポイントラインから大きく離れた距離にボールを見つける。

「もし、この距離から・・・・」

緑間がその位置から放ったシュートは、リングに吸い込まれるのだった。
kurokonobasuke-q219-3

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第262Q 「諦めませんか」

赤司君臨 ゾーンに覚醒した赤司を前に誠凛の攻撃となった。 点差は12点。 ゾーン状

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

手がかり 実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。 会場

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第213Q 「獅子搏兎」

人間観察 学校帰りに黒子と話す青峰。 黒子は、プレイスタイルを変えてから、人間観察をするようにな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第255Q 「がんばるぞ!」

伊月は一流だ 誠凛64-洛山80 誠凛の連続得点でついに16点差にまでスコアが縮まった。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

進化の代償 勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。 その黒子に対

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑