*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第235Q 「最高じゃねーの?」

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 ストーリーダイジェスト

勝てるのか?

kurokonobasuke-q235-1

赤司のアンクルブレイクで火神は抜かれてしまう。
しかしすかさず、伊月がイーグルスピアを繰り出す。

kurokonobasuke-q235-2

誰もがボールを取ったと思ったが、赤司はこれすらかわして実渕にパスを出す。

kurokonobasuke-q235-3

実渕がゴールに向かって攻めこむ。対するは木吉。
これを止めなくては、赤司に何をやっても勝てない、と誠凛全員が思ってしまうことになる。
ここは何としても止めなくてはならない。

kurokonobasuke-q235-4

実渕がシュート体勢に入ると、木吉がブロックで防ごうとする。
しかし、実渕はダブルクラッチで木吉をかわし、シュートを打った。
誰もが決められたと思った直後、水戸部がシュートをブロックした!

kurokonobasuke-q235-6

赤司の計算通りに行けばシュートが決まっているはずだったが、赤司が考えている以上に誠凛は気合が入っていた。

誠凛の反撃開始となったが、赤司に完敗を喫した火神は、どうやって攻めたらいいのかわからなくなっていた。

『オレは赤司に勝てるのか?』

kurokonobasuke-q235-7

最高じゃねーの?

迷う火神の肩を水戸部が軽く叩いた。気にするな、と。

前を行くチームの背中に、もう一度気合を入れ直す火神。
ゾーンは解けたが、反動で落ち込むことも無く、自然体に戻った。

そんな火神を見て青峰は言った。

「解け方としてはひとまず最高じゃねーの?」

kurokonobasuke-q235-9

無策での赤司との一対一は避け、チームプレイで得点を重ねる誠凛。
しかし、王者洛山も一歩も譲らない。

リコは第一クォーターをこのまま振り切る為、黒子を投入する。

kurokonobasuke-q235-10

葉山の反撃

葉山が赤司に話しかける。

「ねー赤司ー。火神のマークもっかいオレにやらせてよー」

赤司が葉山に尋ねる

「ゾーンは解けても荷はまだ重いぞ。出来るのか?」

試合開始からやられっぱなしでは気が済まない葉山は、火神を睨みつけながら言った。

「やり返さなきゃ気がすまないっ」

kurokonobasuke-q235-11

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第1Q 「黒子はボクです」

プロローグ 帝光中学校バスケットボール部。 部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第263Q 「赤司を止めてくれぇ!!」

人間観察 黒子はこれまで、対戦する相手のDVDを何度も擦り切れるほど見て、人間観察を続けてきた。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第214Q 「楽しみだ!」

全中出場決定 キセキの世代は、過去最強の帝光中学と噂され、全中地区予選初戦を快勝。そして、危なげな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第220Q 「忘れちまった」

紫原敦 帝光は相変わらずの強さを誇っていた。 特に紫原は、これまでパワーと体格で他を圧倒していた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

複雑だぜ 日向は中学時代を思い出していた。 『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第212Q 「負ける気がしねぇ」

灰崎の退部 黒子が説得を試みたものの、灰崎は退部をすることになった。 黒子は練習中チームメン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト第222Q 「僕らはもう」

赤司豹変後・・・ 赤司の豹変に対する周囲の反応は思いの外静かなものだった。 一軍部員は、新体制移

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑