*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第235Q 「最高じゃねーの?」

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 ストーリーダイジェスト

勝てるのか?

kurokonobasuke-q235-1

赤司のアンクルブレイクで火神は抜かれてしまう。
しかしすかさず、伊月がイーグルスピアを繰り出す。

kurokonobasuke-q235-2

誰もがボールを取ったと思ったが、赤司はこれすらかわして実渕にパスを出す。

kurokonobasuke-q235-3

実渕がゴールに向かって攻めこむ。対するは木吉。
これを止めなくては、赤司に何をやっても勝てない、と誠凛全員が思ってしまうことになる。
ここは何としても止めなくてはならない。

kurokonobasuke-q235-4

実渕がシュート体勢に入ると、木吉がブロックで防ごうとする。
しかし、実渕はダブルクラッチで木吉をかわし、シュートを打った。
誰もが決められたと思った直後、水戸部がシュートをブロックした!

kurokonobasuke-q235-6

赤司の計算通りに行けばシュートが決まっているはずだったが、赤司が考えている以上に誠凛は気合が入っていた。

誠凛の反撃開始となったが、赤司に完敗を喫した火神は、どうやって攻めたらいいのかわからなくなっていた。

『オレは赤司に勝てるのか?』

kurokonobasuke-q235-7

最高じゃねーの?

迷う火神の肩を水戸部が軽く叩いた。気にするな、と。

前を行くチームの背中に、もう一度気合を入れ直す火神。
ゾーンは解けたが、反動で落ち込むことも無く、自然体に戻った。

そんな火神を見て青峰は言った。

「解け方としてはひとまず最高じゃねーの?」

kurokonobasuke-q235-9

無策での赤司との一対一は避け、チームプレイで得点を重ねる誠凛。
しかし、王者洛山も一歩も譲らない。

リコは第一クォーターをこのまま振り切る為、黒子を投入する。

kurokonobasuke-q235-10

葉山の反撃

葉山が赤司に話しかける。

「ねー赤司ー。火神のマークもっかいオレにやらせてよー」

赤司が葉山に尋ねる

「ゾーンは解けても荷はまだ重いぞ。出来るのか?」

試合開始からやられっぱなしでは気が済まない葉山は、火神を睨みつけながら言った。

「やり返さなきゃ気がすまないっ」

kurokonobasuke-q235-11

関連記事

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第217Q 「行こうぜ」

勝利のために 全中二連覇のかかった決勝戦。 主将である赤司を始めとするキセキの世代は、試合を

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

誠凛の思惑 同点で第1Qを終えた誠凛。 戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものも

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第215Q 「がんばりましょう」

全中開幕 黒子の友人である荻原シゲヒロは、全中での黒子との対戦に向けて、熱のこもった練習に励んでい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

手がかり 実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。 会場

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第1Q 「黒子はボクです」

プロローグ 帝光中学校バスケットボール部。 部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第260Q 「忠告だ」

可能だ ウィンターカップ初日終了後の夜。 洛山高校調整用体育館では、赤司が一人コートに立っていた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第264Q 「初めてじゃないかな」

あり得ない光景 黒子の擬似的エンペラーアイで、赤司の攻撃を止めることに成功した誠凛。 すかさず火

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑