*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第268Q 「どうすりゃいいんだ」

公開日: : 最終更新日:2014/07/13 ストーリーダイジェスト

完璧なリズム

洛山の全員ゾーンが発動し、驚愕する誠凛。
これが赤司の真の能力なのか。

全員がゾーンに突入したのはなぜか。
物語は数プレー前に遡る。

タイムアウト明けの赤司の豹変に、誠凛の監督相田リコは違和感を感じていた。

『洛山は調子を取り戻したみたいだけど、ウチも点はとれてる・・けど・・・胸騒ぎがする。この違和感は何・・・!?』

kurokonobasuke-q268-2

コートで戦う誠凛のレギュラー陣も、洛山高校の変化に気づいていた。

『くっ・・・なっ・・どうなってやがる・・・!?コイツ・・・さっきの3P決めてから急に動きが良くなってきてねーか!?』

実渕に対峙する日向は、実渕の動きの変化に驚いていた。

kurokonobasuke-q268-3

そして葉山に対する伊月。
葉山の動きについていけず、裏を抜かれてしまう。

赤司のパスをもっとも得意な形で受けると、スピードを落とすことなくゴールへ向かう。
ゴール下には木吉が待ち構えている。

『ドリブルへの移行に全くよどみがない!このスピードでこの間合い・・マズイ。完全に葉山の形だ!!』

カバーに入る木吉だったが、葉山のスピードについていけず、あっさりとかわされてシュートを決められてしまう。

kurokonobasuke-q268-4

会場でその様子を見ていた、他のチームのポイントガード全員が驚愕していた。
同じポジションからすれば、その様子は化物にしか見えないほどの事をしており、一見赤司がアシストして決めているようではあるが、赤司のパスを受けた選手の動きがどんどん良くなっていたからだった。

kurokonobasuke-q268-5

バスケットの試合中、数えきれないほど飛び交うパス。
だが、本当に厳密な意味での完璧なパスとなると、偶然と言うほど稀有である。
ナイスパス、ナイスアシストと呼ばれるパスも、そのほとんどはスピード、コース、タイミングなど、どこかにズレはあり、受ける選手がそれを補正することで完成している。

kurokonobasuke-q268-6

実渕が悪いパスによってリズムを崩した。
つまり逆もある。

良いパスは、良いリズムを作る。
さらに、完璧なパスは完璧なリズムを作る。

完璧なリズムとはすなわち、その選手が一番気持ちよくプレイできるリズム。
完璧なパスはズレを補正する必要がない。
次の動作に100%神経を注ぐことが出来る。

赤司はエンペラーアイで敵味方全てを把握し、コート全体を予知。
刹那のズレも許されない、およそ狙って出すのは不可能とも言える究極のパスを自在にあやつり、味方の潜在能力を限界まで引き出す。

洛山レギュラーは、赤司によって潜在能力を限界まで引き出された状態になったのだった。

kurokonobasuke-q268-7

全員ゾーン

「これが・・・赤司の本当の力なのか・・・・・!!」

会場で見ていた緑間は、全員がゾーンに入った洛山を見て驚きを見せる。

kurokonobasuke-q268-8

誠凛のベンチは驚きと絶望に包まれていた。
ゾーンはキセキの世代や火神クラスの限られた天才しか入れないはずだった。
しかし、今目の前で洛山全員がゾーンに入っているように見える。

リコは洛山の様子を見て、ゾーンとは少し違う状態であることは見抜いていた。

「完全なゾーンとは少し違うわ・・・人間が本来80%程度しか出せない実力を100%引き出すのがゾーン・・。けど赤司君以外は90%前後・・・いわばゾーンの一歩手前だわ」

全員が完璧なゾーンとは違っても、残り時間3分で全員がパワーアップした状態の洛山。
誠凛にとっては絶望的な事実である。

kurokonobasuke-q268-9

カウンター

日向がボールを持つと、実渕が凄まじいプレッシャーをかけてくる。

『この圧力・・・だめだ・・通常のシュートはおろかバリアジャンパーのステップにすら入れない・・・!!』

kurokonobasuke-q268-10

実渕のディフェンス圧力に耐えられず、たまらず伊月にパスを出す日向。
しかし、そのボールを葉山がスティールする。

洛山のカウンター。
凄まじい速さで攻撃を仕掛ける葉山の前に、火神が追いつきディフェンスに入る。

kurokonobasuke-q268-11

対する葉山。

『チッ。ならこれでどうだ!!ライトニングドリブルレベル5!!』

激しい音を立て、ドリブルで揺さぶりをかける葉山。

kurokonobasuke-q268-12

kurokonobasuke-q268-13

しかし火神は抜かせない。
カウンターを止めることには成功したが、洛山の攻撃は続いている。

葉山は仕方なく、赤司にパスを出す。
すかさず赤司は黛へパスを送る。

黛は赤司のパスにメッセージが込められていることを感じていた。

『・・・はぁ!?いいのかよ赤司。あそこで?危なくねーか。とられても知んねーぞ。・・・まぁいいけどよ』

黛は考えながらも、赤司の意志を受け取る。

kurokonobasuke-q268-14

「今のお前がそういうなら大丈夫なんだろ。ならオレは思い切りいくだけだ」

そうつぶやくと、ゴール前に待ち構える根武谷の頭上にパスを出した。
それはアリウープにつながるパスだった。

kurokonobasuke-q268-15

限界

「まだだぁ!!」

火神が根武谷のアリウープを阻止しようと、ブロックに飛ぶ。

しかし、赤司にはわかっていた。

「・・・いいや、もうそこ(宙)はお前の場所ではないよ。火神」

赤司の言葉通り、火神のブロックは根武谷には届かなかった。

kurokonobasuke-q268-16

火神の頭上から根武谷がダンクを叩きつける。

「オォラ!!!」

誠凛96-洛山103 残り2分30秒

点差は7点差に広がった。

kurokonobasuke-q268-17

「火神君!!」

黒子が叫んだその先には、ついに体力の限界を迎えた、火神の姿があった。

会場の誰もが洛山の勝ちで決まりだろうと考え始めていた。
黒子と火神のコンビが赤司を止めていたのに、火神の体力が尽きてしまっては、対応する術がないからだ。

kurokonobasuke-q268-18

kurokonobasuke-q268-19

会場に、黒子の様子を見つめる一人の男がいた。

「・・・・・・黒子」

kurokonobasuke-q268-20

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」

決勝開戦 ついに試合が開始された。 最初のジャンプボール、火神は木吉に願い出る。 「ジャン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

全中二連覇の翌日。 全中二連覇を達成した翌日、 朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第241Q 「悔しいよ・・・」

チワワとライオン 降旗のシュートが決まり、洛山が反撃に移る。 降旗は必死にディフェンスで赤司に食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑