ストーリーダイジェスト

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム

『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ・・いよいよスッカラカンだ』

ついに体力の限界を迎えた火神。
ゾーンも切れ、完全にガス欠状態になってしまった。

kurokonobasuke-q269-2

ベンチから見守るリコ。

マッサージをすれば回復するかも知れないが、そのマッサージの時間の時間すら、いまは取ることが出来ない。
交代している間に、洛山を相手に出来るメンバーは居ない。
そしてタイムアウトももう使い切ってしまった。

火神だけではなく他のメンバーにも限界が訪れようとしていた。

『くそおっ・・・・まだだ!!』

パスを受けた日向は、実渕を前に不可侵のシュート(バリアジャンパー)で3ポイントを狙う。

『キレが落ちてるわよ!!そんなの撃たせると思ってんの!?』

ディフェンスの実渕は日向の動きが遅くなっているのを見逃さなかった。
日向のシュートは実渕の手にあたってゴールへ向かって飛んで行く。

実渕の手に当たったシュートは軌道を逸れ、外れてしまった。

kurokonobasuke-q269-3

木吉と根武谷のリバウンド争い。
洛山の選手は全員が自分の潜在能力を解放され、ゾーンの一歩手前の状態になっている。
根武谷に対し、スピードやテクニックで勝っていた木吉だったが、根武谷のパワーアップしたスピードに対応することが出来なかった。

『速いっ・・・しかもパワーも一段と強い・・・ダメだ・・ポジションがとれないっ!!』

その時、木吉のヒザに鈍い痛みが走った。
体力に加えて、木吉の古傷であったヒザが悲鳴を上げた。

kurokonobasuke-q269-4

「容赦はしねーぞ。勝負だかんよ」

根武谷は木吉に言うと、リバウンドをもぎ取った。

kurokonobasuke-q269-5

誠凛は攻撃に失敗。
洛山の反撃となる。

ボールを持った葉山に対するは、伊月。

「ちょーどいいや!!やられた借り。返させてもらうよん!!」

葉山は素早いドリブルで伊月を抜きにかかる。

kurokonobasuke-q269-6

『見ろ見ろ見ろ・・・!!読むんだ葉山の動きを!!』

必死でディフェンスをする伊月だが、葉山に抜き去られてしまう。

『止められなくてもいい!!せめてファウルで流れを切る!!そうすれば仕切り直してわずかでも火神を休ませる時間が出来るはず・・・』

ファウル覚悟で止めに行く伊月だったがこれもかわされてしまう。

しかし、葉山がかわした先には黒子がいた。
擬似エンペラーアイにより、伊月の動きを予測し黒子が待ち構えていたのだった。

kurokonobasuke-q269-7

だが・・・。
黒子も体力の限界だった。
足が止まってしまい、葉山のボールを奪うことは出来ず、ファウルで止めるのがやっとだった。

諦めるな!!

誠凛は全員が限界に近い状態だった。
そのせいでパフォーマンスも落ちてきている。

それに比べて洛山は体力にまだゆとりがある上に、赤司の力でパフォーマンスはむしろ上がり調子だった。

もはや万事休す・・・・ここまでか--。
誠凛も、会場もそう思い始めたその時だった。

kurokonobasuke-q269-8

kurokonobasuke-q269-9

「ガンバレ誠凛!!諦めるな!!ガンバレ黒子!!」

自分に向けられた声援。
顔を上げた黒子の目に映ったのは荻原の姿だった。

kurokonobasuke-q269-10

kurokonobasuke-q269-11

『・・・・荻原君・・・!けど・・・ボクは君に・・』

黒子は、かつて自分のチームがが荻原に対してしてしまったことを思い出していた。

気に病む黒子に、荻原はカバンからバスケットボールを出して笑って見せた。
その姿を見て、黒子もやっと笑顔を見せるのだった。

kurokonobasuke-q269-12

「ったく・・見てらんねーぜ。オラぁ、テツ!火神!!てめーら桐皇に勝ったんだろーが!!洛山ぐれー倒さねーとブッ殺すぞ!!」

会場で試合を見ていた青峰だった。

「・・・・青・・峰」

火神は驚いた様子でその声を聞いていた。

「言っとっけどウチもっスからね--!勝てぇ誠凛!!」

黄瀬が青峰に続いて声援を送る。

kurokonobasuke-q269-13

「倒してこい!!赤司を!洛山を!!」

緑間も声を上げた。

その声が合図だったかのように、誠凛への声援が会場中から沸き起こった。

その声をしっかりと受け止めた誠凛選手。

kurokonobasuke-q269-15

「・・・黒子。応援ってのはしみじみ、元気でんなあ」

「はい」

火神と黒子が気持ちを引き締めるかのように言った。

kurokonobasuke-q269-16

「フ・・・そうこなくては面白くない」

赤司はその様子をみて、笑みを浮かべた。

「まだ勝負はついてねぇ!行くぞ洛山!!」

主将の日向がチームメイトを鼓舞するように叫んだ。

そして火神は一人考えていた。

『まだだ・・・まだ可能性はある・・!信じろ・・・ゾーンを超えたゾーン。第2の扉の先を・・・!!』

kurokonobasuke-q269-17

-ストーリーダイジェスト

Copyright© 黒子のバスケキャラクター能力&プロフィール , 2020 All Rights Reserved.