*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第272Q 「すべてを懸けろ!!」

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ストーリーダイジェスト

7点差

赤司にスリーポイントを決められてしまい、点差は7点に拡がった。
何が何でも洛山の攻撃を止めて、3点差に詰めたかった誠凛。
勝つためには、スリーポイントを決めたとしても最低3ゴールが必要となる。

残り40秒 誠凛98-洛山105

kurokonobasuke-q272-2

「ディフェンス!全員集中しろ!!止めれば終わりだ!!」

赤司が洛山選手に吠えた。
疲れの出る最終盤で気合の入ったディフェンスを見せる洛山。

kurokonobasuke-q272-3

一刻も早く点を取りたい誠凛。
火神にボールを回し得点につなげようとするが、その火神には葉山、黛がダブルチームでディフェンスにあたる。
これでは火神にボールを回すことは出来ない。

火神の体力はギリギリの状態だった。
気力で持ち直したが、ゾーンに入る時間を最小限に抑えることで繋ぎ止めている。
ディフェンスをはがすためにゾーンに入ってしまうと、搾り出したわずかな体力もなくなってしまう。

『ダメだ・・・火神に回せない・・・・!!』

ボールを持った伊月は攻めあぐねる。

時間は刻々と過ぎていく。残り時間33秒。

kurokonobasuke-q272-4

「伊月!!」

木吉がボールを呼び込む。

ゴール下で根武谷との1on1。
しかし膝の痛みもあり、シュートまで持っていくことが出来ない。

kurokonobasuke-q272-5

『当たりが貧弱だぜ!そんなんで・・・ゴール下の駆け引きにもちこめるかよ!!』

根武谷のディフェンスは木吉のゴール下への侵入を許さなかった。

kurokonobasuke-q272-6

「くっ・・・そっ」

しかたなくアウトサイドの日向にボールを戻す木吉。

しかし日向には実渕がピッタリとマークにつく。

『3本と言ってもそれはスリーポイントを入れての話・・・・ならアナタは最警戒に決まってんでしょ!!』

実渕のディフェンスは、日向にシュート態勢に入ることも許さない。

残り時間29秒。
黒子が動く。

「キャプテン!!」

わずかに視線を誘導しながら、黒子が逆サイドに向かいながらボールを呼び込む。

「マークをゆるめるな葉山!黛!」

黒子の視線の動き、日向、火神のアイコンタクトを読み取った赤司が叫んだ。

ボールは黒子へ、そして一瞬にして火神にわたった。
ダイレクトドライブゾーンを使った、逆サイドへのロングパス。

一瞬でゾーン状態に入った火神はすぐにスリーポイントを放つ。
ボールはゴールへと吸い込まれた。

kurokonobasuke-q272-7

沸き立つ会場。

誠凛101-洛山105 残り時間27秒。

kurokonobasuke-q272-8

すべてを懸けろ!!

「ディフェンス!!すべてを懸けろ!!」

「おお!!」

日向の声に、誠凛選手も呼応する。

「ディーフェンス!ディーフェンス!ディーフェンス!」

誠凛のベンチも必死の応援を見せる。

kurokonobasuke-q272-9

これ以上ないディフェンス。
全身全霊の気迫は先程見せた洛山以上だった。

しかし、洛山は焦らない。
ゆっくりとボールを回し、時間を使っていく。
時間は刻々と過ぎていく。

kurokonobasuke-q272-10

『なんや、あれは。チーム全員が熱くなっとる時、なるべく時に、一人逆に冷めとる奴がおる。伊月——!!』

観客席で見ていた今吉が異変に気付いた。

『落ち着け。熱くなるな。こんな時こそクレバー(冷静)に徹しろ。さっきの攻めでオレのマークが特に甘くなったことで改めて自覚した。オレが一番凡庸な選手であること。だが、たとえ赤司がムリでも他の4人ならスキをつける可能性はあるはずだ。イーグルアイと脳ミソフル回転させて先を読む。勝つために冷やせ。性能で劣るポイントガードは頭使ってナンボだろーが!!』

伊月は冷静に徹し、コート全体に視野を広げた。

残り時間15秒。

kurokonobasuke-q272-11

洛山は慌てて攻める必要はない。
このままボールを持ち続けても24秒ルールに引っかかることもない。
誰もが、このまま終わりだと考えていた。

しかし、伊月の考えは違った。

『シュートは必ず撃ってくる。理屈以上に帝王のプライドがそうさせるはずだ。しかも洛山はさっきのプレイで見抜いてるはず・・。木吉の限界を・・!!どこかで必ず—-』

残り時間10秒。

kurokonobasuke-q272-12

ボールが葉山から実渕、そして根武谷にパスが飛んだ瞬間だった。
伊月のイーグルスピアがボールを奪った!

kurokonobasuke-q272-13

「走れ!!!」

伊月が叫ぶ。

誠凛のカウンター。
残り時間8秒。

kurokonobasuke-q272-14

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第223Q 「最低です」

「僕らはもう力を合わせるべきではないんだよ」 赤司は黒子に言った。 光と影の関係だっ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外した。 木吉がリバウンドを取る

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第205Q 「わからないんです」

赤司が求めるプレイヤー 帝光中学バスケ部へと入部した黒子であったが、練習についていくのがやっとの日

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第215Q 「がんばりましょう」

全中開幕 黒子の友人である荻原シゲヒロは、全中での黒子との対戦に向けて、熱のこもった練習に励んでい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第236Q 「破られた・・・・!?」

綻び始めた力 試合は第1Q残り4分。 火神のマークは赤司から葉山に戻った。葉山は火神をじっと

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑