*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第255Q 「がんばるぞ!」

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 ストーリーダイジェスト

伊月は一流だ

誠凛64-洛山80
誠凛の連続得点でついに16点差にまでスコアが縮まった。

葉山は悔しさを噛み締めていた。

『オレのせいで連続失点。なんで・・なんでこうなった!?止められないと思っていた・・・結局まだオレが伊月のことをナメていたからだ・・・!!』

kurokonobasuke-q255-2

自問自答の末に辿り着いた答えは、自分の読みの甘さが失点につながったという事実だった。

葉山は悔しさを押し殺し、大きく深呼吸をして気持ちを落ち着けた。
そして、赤司に向かって言った。

kurokonobasuke-q255-3

「・・・赤司。ワリー、この先しばらくオレ一対一は控えるわ。相性最悪である意味火神よりやりづらい・・何より、伊月は一流のプレーヤーだ。考えなしにつっこんだらヤバい」

kurokonobasuke-q255-4

赤司は冷静な口調で返事を返す。

「・・そうか。頭は冷えたようだね。ならばいい。挽回まで大目に見よう」

実渕が葉山に声をかける。

「命拾いしたわねぇ。ホント・・・。あそこでもしムキになってすぐやり返そうとしてたらアンタどうなってたかわかんないわよ」

「・・あ、いやー完全に忘れてたわっ。伊月のことに夢中で・・・」

葉山は思い出したかのように、実渕の言葉に同調した。

ヌルい

洛山の攻撃は赤司を起点に始まっていた。
赤司は自らドリブルで火神に対する。

しかし、火神の超広域ディフェンスに対し攻める手立てはあるのか。

火神の正面から突っ込んだ赤司は、火神のディフェンス範囲につま先がふれた瞬間、即座にシュートを放つ。
これには火神もさすがに反応が遅れた。

「ヌルい」

冷酷な口調とともに、赤司の放ったシュートはゴールに吸い込まれる。

kurokonobasuke-q255-7

せっかく4点詰めた点差だったが、スリーポイントでまたも引き離されてしまうのだった。

赤司は火神に向かって言った。

「パスに気をとられて、スリーへの警戒が甘くなったな。細心の注意を払い、わずかでもゆるめるな。僕の動きを封じたければな。・・・とは言えそれも、時間の問題だがな。」

kurokonobasuke-q255-8

その言葉を受け、火神は考えていた。

『くそっ・・・もっとだ。ゾーンに入ると水の中を沈んでいくような感覚がある。深く潜れば潜るほど自分が研ぎ澄まされていくのがわかる。ゾーンにはまだ先がある・・・・!』

kurokonobasuke-q255-9

がんばるぞ!

誠凛の反撃は、黒子からのパスを受けた木吉が決め、着実に2点を返す。
しかし、誠凛には問題があった。

いまの誠凛にはシューターがいないのだ。
洛山には赤司以上に恐いシューターがいる。
もしも、スリーを多用してこられたら、誠凛はますます点差を広げられてしまう。

そのシューターこそ、実渕だった。
その実渕にパスがわたる。対するは小金井。

kurokonobasuke-q255-10

実渕は小金井に向かって言った。

「アタシは小太郎みたいに相手によってテンションが変わったりしないわよ?・・・ってなんでアンタちょっとどや顔なワケ?」

kurokonobasuke-q255-11

「なんでって・・どーだウチの伊月はすごいだろう、的な?今おしてるのウチじゃないの?だからオレもがんばるぞ!・・みたいな」

小金井が実渕にドヤ顔で返した。

kurokonobasuke-q255-12

リアクションに困る実渕だったが、直後の小金井のディフェンスに目を見張る。

実力差としてはこのマッチアップ、実渕VS小金井が一番大きい。
小金井は高校からバスケを始めたため、経験に圧倒的に差があるのだ。
そのため、伊月のように先を読むような方法は使えない。

しかし、小金井にはテニスで培った運動神経と器用貧乏と言われる程の器用さがあった。

小金井は実渕から目を離さず、考えていた。

『オレにはみんなみたいな経験からくる予測とかほとんど出来ない。相手の出方に全神経を集中するしかない!』

kurokonobasuke-q255-13

その小金井の姿をみて、周りの選手も、実渕も小金井が【野生の能力】に目覚めていると察知した。

火神や青峰、葉山に比べれば、小金井の野生はまだ及ばないものがある。
しかし、実渕は誠凛の選手に対して、油断が大敵であることを感じ取っていた。

kurokonobasuke-q255-15

油断ならないわね

小金井に対して油断ならないと感じた実渕は、ファウルをもらいながら決める【地】のシュートでさらに点差を広げようと考えていた。しかし実渕が【地】のシュートを打とうとしたその時、小金井が見ぬいたかの様に一歩下がった。

『一歩下がった!?【地】でくると読んだの?まさか、ありえないわ。たまたま下がったのなら【天】のシュートが撃ちやすくなっただけよ』

実渕は小金井の動きをみて、相手から遠ざかりながら撃つ【天】のシュートに切り替えた。

だが、小金井はフェイダウェイシュートを撃つ実渕に反応した!

kurokonobasuke-q255-16

あまりのことに驚いた実渕のシュートは、いつもの精度は無く、ゴールに弾かれる。
根武谷がすかさずフォローに入り、無理やりゴールにねじ込む。

惜しくもシュートは決められてしまったが、洛山の攻撃が失敗するところであった。

「つくづく誠凛は一人残らず油断ならないわね」

実渕は不敵な笑みを浮かべて言った。

kurokonobasuke-q255-17

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第257Q 「行くぜ洛山!!」

第3Q終了―誠凛 第3Q(クォーター)を終了し、二分の休憩となった。 点差は20点差。 残すは

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第209Q 「できるさ!」

青峰の想い キャプテンの虹村とコーチの真田が黒子を降格させる話を耳にしてしまった青峰は、思わずその

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第206Q 「彼しだいさ」

転換点 赤司と対面を果たした黒子。 赤司は黒子に問いかける 「いくつか質問してもい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。 残り8秒。 全員がカウン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

手がかり 実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。 会場

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第238Q 「そっくりじゃねぇか」

誠凛の思惑 同点で第1Qを終えた誠凛。 戦力的にはきつかったが、黒子を出し続けたことで得るものも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑