*

第227Q「あの夏に、少年は絶望を知った-。そして再び春が来る。新しい服に袖を通して。」

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 キャッチコピーコレクション

第227Q 「黒子はボクです」

kurokonobasuke-tobira-q227-1

第227Qのストーリーダイジェストを読む

関連記事

第258Q 「深く長く、ゾーンに潜る火神!!体力が尽きる前に、ゾーンの【先】へ到達出来るのか!?」

第258Q 「もう止めねーよ」 第258Q 「もう止めねーよ」のストーリーダイジェスト

記事を読む

第252Q 「復活した光と影を黙って見ている程、優しい赤司ではなかった。決勝戦一進一退。」

第252Q 「ラクダが言いました」 第252Q「ラクダが言いました」ストーリーダイジェ

記事を読む

第250Q 「相棒の復活にこの男が燃えないなど・・・ある訳がない。」

第250Q 「覚悟の重さ」 第250Q「覚悟の重さ」ストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第270Q 「競ってきた強敵(ライバル)の声が、今にも倒れそうな背中に羽根を生やす。俺達はまだ、行ける。」

第270Q 「お前だったんじゃねーか」 第270Q 「お前だったんじゃねーか」のス

記事を読む

第226Q 「相手チームの暴挙により準決勝で黒子負傷!!約束の決勝戦は夢のまま終わるのか!?」

第226Q 「勝利ってなんですか?」 第226Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第249Q 「一体どうやって!?黒子、復活のスティール!!」

第249Q 「こっからだぜ」 第249Q「こっからだぜ」ストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第245Q 「少しずつ、確実に、巨像にゆっくり踏み潰されるように。誠凛の心が、折られていく。」

第245Q 「奇跡は起きない」 第245Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第241Q 「黒子不在という圧倒的逆境の中、世紀の奇策【降旗VS赤司】で一矢報いた誠凛だが・・・!?」

第241Q 「悔しいよ・・・」 第241Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第261Q 「【キセキ】と呼ばれた男たちですらーーーその光景を前に、息を呑むしかなかった・・・・・!!」

第261Q 「十分だろ」 第261Q 「十分だろ」のストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第210Q 「練習試合で頭角を現した黒子!!一軍での日常にも少し慣れてきたようで・・・」

第210Q 「わかってたこった」 第210Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑