*

第270Q 「競ってきた強敵(ライバル)の声が、今にも倒れそうな背中に羽根を生やす。俺達はまだ、行ける。」

公開日: : 最終更新日:2014/08/02 キャッチコピーコレクション

第270Q 「お前だったんじゃねーか」

kurokonobasuke-q270-1

第270Q 「お前だったんじゃねーか」のストーリーダイジェストを読む

関連記事

第251Q 「暗闇より放たれる一閃の雷光!!黒子の復活を告げる最高のパスはフリーの木吉へ!!」

第251Q 「まだ必要だ」 第251Q「まだ必要だ」ストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第255Q 「伊月の読みで五将の一人・葉山をついに撃破!!「まだ」16点差・・・されど「もう」16点差!!

第255Q 「がんばるぞ!」 第255Q 「がんばるぞ!」のストーリーダイジェストを読

記事を読む

第267Q 「いきなり変わった声のトーン・・・!!この赤司を洛山のメンバーは誰も知らない。」

第267Q 「久しぶりだね。」 第267Q 「久しぶりだね。」のストーリーダイジェスト

記事を読む

第232Q 「うちのめされ、どん底から一つずつ積み重ねた勝利。頂点まで、残すはあと一つのみ。」

第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」 第232Qのストーリーダ

記事を読む

第224Q 「帝光中「キセキの世代」最後の夏が始まった。完全に規格外の彼らに敵はいるのか!?」

第224Q 「・・・いいなぁ」 第224Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第207Q 「一軍昇格をかけた一発勝負のテストで、黒子がその才能を開花させる・・・!!」

第207Q 「ようこそ」 第207Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第265Q 「初めて喫した敗北の味は苦く、千々(ちぢ)に乱れる赤司の心!!脳裏に響くのは誰の言葉か・・!?」

第265Q 「そんな余裕は無いですから」 第265Q 「そんな余裕は無いですから」のス

記事を読む

第242Q 「誠凛高校主将・ブチ切れシューター日向順平。そのシュートの原点に---彼がいた。」

第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」 第242Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第223Q 「『ありがとう』と伝えたのが、遠い昔のことのようで・・・・あの時の赤司は、もういない。」

第223Q 「最低です」 第223Qのストーリーダイジェストを読む

記事を読む

第269Q 「重くのしかかる7点差に、無情にも悲鳴をあげる肉体・・・・!!決勝最終盤!!どうする誠凛・・・!?」

第269Q 「諦めるな!!」 第269Q 「諦めるな!!」のストーリーダイジェストを読

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑