*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 ストーリーダイジェスト

鉄心VS剛力

木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。
木吉は根武谷のパワーと技術の前にリバウンドをうまく取ることも出来なかった。

kurokonobasuke-q244-4

パワーだけではなく王者洛山のセンターである根武谷の体の使い方は、間違いなく一級品であった。

リバウンドから洛山の攻撃が始まる。
誠凛はディフェンスの時間が長くなってきていた。

洛山のボールが葉山に渡ると火神がディフェンスで対応する。
葉山は火神を抜きにかかるが、そこは火神が粘る。

『4本にもうついてきた!!さすがに火神は一筋縄じゃいかないねっ・・・!!』

kurokonobasuke-q244-5



センター対決

そして葉山から根武谷にボールが渡り、センター対決となった。
会場が見守る中、根武谷は木吉の頭上からダンクを決めるのであった。

「オレに小細工なんざ・・・いらねぇんだよ!!」

kurokonobasuke-q244-6

根武谷にパワーに対応する木吉のスタミナは著しく消耗していた。

伊月が攻めあぐねる。

『どう攻める!?やはり火神か!?』

迷う伊月に木吉がボールを呼びこむ。

「伊月くれ!!」

再度のセンター対決。

木吉はボールを受けるが、根武谷を押しこむことが出来ない。

『負けるか——!!』

木吉はダンクシュートの体制に強引に入った。
しかし、攻めきれずパスを出すのだった。

シュートは決まったが、それは木吉がシュートを打てなかったことを意味する。

kurokonobasuke-q244-7



アカンやろ

「いやぁ・・・・アカンやろ」

観客席の今吉がつぶやく。

「パスを出すのと出させられるのとでは意味が全然ちゃう。今のは確実に後者や。間違ってへん。それでも・・・」

誠凛と洛山の点差は15点差に開いていた。

誠凛は間違ったプレイはしていない。
しかし、点差だけが開いていくのだった。

つまり、これが力の差だった。

kurokonobasuke-q244-8

今吉は青峰に言った。

「ライオンとチワワに例えとったな。ワシに言わせたらライオンと小バエや。ライオンはたかる小バエをわざわざ払ったりせん。赤司が特別何もしないのもそれと一緒や」



奇跡を起こすには・・

そして、黛がパスを回し更に点差が開く。17点差・・・・!!

kurokonobasuke-q244-9

伊月が黛を抑えることで黛のパスは封じているかに見えた。
しかし、効果はゼロになったわけではない。

伊月が他に気を取られたスキをついて、黛はパスを決めた。

「姿を消すのがオレの仕事だが、忘れられては困るな」

kurokonobasuke-q244-10

誠凛はいいチームだが、今のままではいいチームでしかない。
奇跡を起こすチームにするためには、黒子が必要だった。

kurokonobasuke-q244-11

関連記事

kurokonobasuke-q275-1

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最後の最後で、誠凛は逆転を果たし

記事を読む

kurokonobasuke-q274-10

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外した。 木吉がリバウンドを取る

記事を読む

kurokonobasuke-q273-11

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。 残り8秒。 全員がカウン

記事を読む

kurokonobasuke-q272-3

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第272Q 「すべてを懸けろ!!」

7点差 赤司にスリーポイントを決められてしまい、点差は7点に拡がった。 何が何でも洛山の攻撃を止

記事を読む

kurokonobasuke-q271-0

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第271Q 「百年早い」

いつかやってみてーな 真のゾーンに到達した火神と誠凛選手たち。 火神と黒子は赤司のディフェンスを

記事を読む

kurokonobasuke-q270-0

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

kurokonobasuke-q269-12

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第269Q 「諦めるな!!」

完璧なリズム 『息が苦しい。手足が自分のものじゃないみたいに重い。ちく・・・・しょうっ・・・やべえ

記事を読む

kurokonobasuke-q268-16

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第268Q 「どうすりゃいいんだ」

完璧なリズム 洛山の全員ゾーンが発動し、驚愕する誠凛。 これが赤司の真の能力なのか。 全員

記事を読む

kurokonobasuke-q267-5

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第267Q 「久しぶりだね」

すまない 交代をさせようとする監督を遮り、出場続行を希望する赤司。 しかし、ここまで赤司の様

記事を読む

kurokonobasuke-q266-12

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第266Q 「誰だお前」

誰だお前 誠凛90-洛山92 残り5分。 ついに1ゴール差にまで追いついた誠凛。 たま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑