*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第242Q 「いいもの見せてア・ゲ・ル♡」

公開日: : 最終更新日:2013/12/31 ストーリーダイジェスト

複雑だぜ

日向は中学時代を思い出していた。

『中学時代好きだったプレーヤーは、NBA選手のレイ・アレン。そして、実渕玲央。』

kurokonobasuke-q242-2

実渕のシュートフォームは滑らかでキレがあってカッコいい、と手本にしていたのだった。

しかし一方、日向はオネェキャラが嫌いだった。
人格の否定ではなく、好き嫌いで言えば、女々しい女も、女々しい男も嫌いだった。

そして、いま目の前に実渕玲央がいる。
日向の憧れたプレーヤーは、日向の嫌いなオネェだった。

『複雑だぜ・・好きなもんと嫌いなもん、実渕が両方兼ね備えたやつだったとわ・・・』

実渕を目の前にして日向は複雑な思いに駆られていた。
kurokonobasuke-q242-3

お手本のプレーヤー

日向と実渕の1on1。
日向は実渕のシュートを警戒し、少しディフェンスに距離を置いていた。
下手に近づくと、ファウルを取られながらシュートを決められてしまい、4点プレイとなってしまうからだった。

実渕には、ディフェンスに接触しながらでも決められる体幹の強さがあった。
日向はそれを警戒し、あえてディフェンスを離していた。

しかし、実渕が口を開く。

「だめよぉ。それじゃ」

次の瞬間、実渕は後ろに飛びながら3ポイントシュートを放つ。

kurokonobasuke-q242-4

『フェイダウェイで3Pだと!?』

フェイダウェイシュートは後ろに飛びながら打つため、力が予想以上に逃げる。
ましてや、距離のあるスリーポイントシュートでは、届かせるだけでも至難の業なのだ。

しかし実渕のシュートはゴールへと吸い込まれた。

『とんでも無く効率のいいフォームだ。下半身の力がもれなくボールに伝わっている』

日向は実渕のシュートを見て、そのフォームの良さに目を見張るのだった。

倒すべきプレーヤー

日向は敵でありながら、実渕の実力を改めて認めた。
しかしいまはそんなことを考えている場合ではなかった。

「よこせ伊月!!」

日向は伊月にパスを要求した。

「日向!!やり返してやれ!!」

『もう今はお手本のプレーヤーじゃねぇ。倒さなきゃなんねぇプレーヤーだ!!」

kurokonobasuke-q242-6

パスを受けると、日向はすかさず3Pを放つ。

以前よりも、重心を残す位置が遠くなり、【バリアジャンパー(不可侵のシュート)】はよりスピードを増していた。
実渕もこれには反応することが出来ない。

日向のシュートはゴールへと吸い込まれた。

kurokonobasuke-q242-7

シューター対決

根武谷が実渕に話しかける。

「ビデオで見た時もちょっと思ったけどよ。あいつのフォームお前に似てんな?」

「やっぱりそう思う?」

実渕も日向のフォームが自身に似ていることには気づいていた。
そして実渕は思った。

『けどまぁ似てるだけだけどね。とっくに自分に合う形にカスタムしてる。別物だわ』

「悪く無いわね・・・・」

実渕はニヤリと笑って、赤司に言った。

「ボール回してね。征ちゃん。」

「もちろんそのつもりだよ玲央。存分にやるといい」

赤司は冷静に応じた。

試合は3Pの応酬となった。
会場は、実渕と日向、どちらのシューターがこの勝負を制するかに注目していた。
kurokonobasuke-q242-8

しかし木吉は日向が分が悪いと感じていた。
実渕は、日向のタイミングに徐々に合わせてきているが、こちらは向かってくるシュートと離れていくシュートの2種類の3Pにいまだ対応出来ていなかったのだ。

そして・・・!

ついに日向のシュートが実渕にブロックされた!
kurokonobasuke-q242-9

洛山高校はすかさず反撃に出る。
そして再び実渕にボールが渡った。

日向は実渕を止めようと、ディフェンスで食らいつく。

いいもの見せてア・ゲ・ル♡

実渕が日向に言った。

「見直したわアナタ・・・・。思ってたよりずっといいシューターね」

そして口元に笑みを浮かべながら続けた。

「だからお礼にいいもの見せてア・ゲ・ル♡」

kurokonobasuke-q242-10

観客席に座ってその様子を見ていた無冠の五将、花宮がつぶやく。

「マジかよ・・あれ打つのか!?」

花宮によれば、実渕がよく使うシュートは2つ。
相手をかわしつつ打つシュート【天】。
相手にあたりながら決めるシュート【地】

kurokonobasuke-q242-11

そして、最後の一つ。

普通のシュート体制に入った実渕に対し、日向はブロックの態勢に入る。

『ただのシュート!?そんなもん撃たせるわけ・・・』

しかし日向は何かに押さえつけられたように、そこから動けなくなった。

『跳べない・・・!?なん・・・で・・・』

実渕はやすやすと3Pシュートを決めるのだった。

kurokonobasuke-q242-12

夜叉

そして、最後の一つ。
相手に何もさせずに決めるシュート【虚空】

誠凛の誰もが驚愕した。日向が勝手に動きを止めたように見えたからだった。
ついに実渕の隠れた実力が明らかになった。

3種のシュートを持つ将、【夜叉】実渕玲央。

kurokonobasuke-q242-13

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第267Q 「久しぶりだね」

すまない 交代をさせようとする監督を遮り、出場続行を希望する赤司。 しかし、ここまで赤司の様

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

ついにウィンターカップ決勝 ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

鉄心VS剛力 木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。 木吉は根武谷のパワーと技術の前に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第207Q 「ようこそ」

期待以上です 黒子の新しいプレイスタイルで次々とパスを回し、二軍からリードを奪う三軍。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第219Q 「ありがとうございます」

全中二連覇の翌日。 全中二連覇を達成した翌日、 朝練の無い体育館で黒子は一人コートに立つ。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

デビュー 交流戦の会場へと入る帝光中学校。 余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合と

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑