*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第237Q 「甘いんじゃない?」

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 ストーリーダイジェスト

進化の代償

勝つために努力し、進化した代償に、自らの特性を失ってしまった黒子。

その黒子に対し、赤司は言った。

「幻のシックスマンでなくなったお前では、すでに並みの選手の価値もない。失望したよテツヤ」

kurokonobasuke-q237-1

青峰は考えていた。

『テツに今のスタイルを教えたのは赤司だ。アイツはこのことに気づかなかったのか・・・?それとも・・・わざと・・?』

コート上では、ディフェンスを振りほどくことすら出来なくなった黒子がいた。
黒子の心配をする伊月に、赤司が襲い掛かる。
第1Qでまだ100%を出してない赤司に対して、伊月は気を抜くことが出来なかった。
対面して改めて感じるキセキの世代の圧力。

黒子はメンバーチェンジとなり、ベンチに戻った。
その黒子をリコが呼び止める。そして、黒子に言った。

「諦めないで!またすぐ出てもらうわよ!第1Q残り3分ちょい。思い切りやられてきて欲しいの。勝つために!」

kurokonobasuke-q237-2

甘いんじゃない?

リコの作戦は、残り3分黒子にプレイを続けさせ、その間に黒子の復活策を見つけ出すことだった。
しかしそれは、洛山相手にほとんど4人で戦うことを意味する。
全員で黒子をフォローする気持ちを固めた誠凛。

今までの恩返し、と言う木吉に日向は言った。

「チームメイト助けるなんてあったり前だろーが今さら。勇んでやったらこっぱずかしいわ」

kurokonobasuke-q237-3

そして、再度黒子がコートに戻った。観客の注目を集める中、黒子にボールが渡った。

そして黒子はバニシング(消える)ドライブを繰り出す!
しかし、抜くことは出来ない。

kurokonobasuke-q237-4

だが、今度はゴールに向かいファントム(幻影の)シュートを放つ!
しかしこれもブロックされてしまうのだった。

kurokonobasuke-q237-5

洛山高校がすかさずカウンターを仕掛け、ついに誠凛15点-洛山高校17点となり、洛山高校が逆転した。

実渕は誠凛に向かって言った。

「戦力外のカレを入れたままやろうなんて、甘いんじゃない?」

kurokonobasuke-q237-6

なめてんじゃね?

黒子の穴を全員でフォローする誠凛。第1Q残り3秒。
リバウンドをバイスクローでもぎ取った木吉。

kurokonobasuke-q237-7

すかさず日向にパスを出し、日向はバリアジャンパー(不可侵のシュート)でスリーポイントシュートを決めた。
辛うじて21-21の同点で第1Qをしのいだ誠凛。

しかし、黒子をフォローしながらのこの得点は上出来だった。

kurokonobasuke-q237-8

日向は実渕に向かって言った。

「ウチが甘いんじゃなくて、ソッチがなめてんじゃね?」

kurokonobasuke-q237-9

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト第222Q 「僕らはもう」

赤司豹変後・・・ 赤司の豹変に対する周囲の反応は思いの外静かなものだった。 一軍部員は、新体制移

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第224Q 「・・・いいなぁ」

怪物 キセキの世代の最後の夏が始まった。 全中地区予選緒戦。帝光はこれまでと比べ物にならない強さ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第265Q 「そんな余裕はないですから」

極限状態 『・・・限界だな』 『ふざけるな・・!僕が負けるなどありえない・・!試合はまだ終わって

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第268Q 「どうすりゃいいんだ」

完璧なリズム 洛山の全員ゾーンが発動し、驚愕する誠凛。 これが赤司の真の能力なのか。 全員

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第226Q 「勝利ってなんですか?」

荻原と赤司の対面 決勝を前に負傷した黒子。 そこへ、黒子の見舞いに荻原がやってくる。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第244Q 「アカンやろ」

鉄心VS剛力 木吉と根武谷のセンター対決が火花を散らしていた。 木吉は根武谷のパワーと技術の前に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第227Q 「黒子はボクです」

絶望する黒子 黒子は絶望に打ちひしがれていた。 黒子は赤司に問う。 「なぜ・・・あんな試合

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第251Q 「まだ必要だ」

光と影の力 黒子からパスを受けた木吉は、力強くダンクを決めた。 会場も大いに沸き立つ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑