*

黒子のバスケストーリーダイジェスト第216Q 「・・・ワリィ」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

不穏な空気

全中決勝トーナメント一回戦。

帝光中の相手は上崎中。
上崎には、昨年青峰と互角の勝負をした井上がいた。

対戦を前に、気合の入った練習をする青峰。

「今日の相手は手強い。それに、どんな相手でも手は抜かねー」

それは先日、黒子に言われたことだった。

「ボクが相手だったら絶対に手加減されたりしたくない。」

好調に見える青峰だが、緑間は今朝の占いの結果を気にしていた。
青峰の占いの結果は最下位。

「何事もなければいいがな・・・」

緑間は心配する。

失望

帝光VS上崎の試合が行われる時間と同時刻。
別の会場では荻原シゲヒロが決勝トーナメントに臨んでいた。

試合開始前、靴のヒモが切れてしまい、不穏な空気を感じる荻原。
対戦相手の双子に、会場の注目が集まっていた。

帝光VS上崎の試合は、帝光が圧倒的な点差を付けてリードしていた。
残り4分、スコアは150-81。

上崎の選手はすでにやる気を喪失していた。もちろん井上も。

青峰も落胆していた。

『なんでだよ・・・!!楽しみにしてたのに・・・お前とならいい勝負が出来るって』

井上の背中を見つけながら思う青峰。

しかし井上は悟ってしまっていた。開始数分でわかってしまった圧倒的な差。
それは、一生かかっても追いつけない。凡人に一縷の望みも与えない。

「いるわけねぇだろお前とやれる奴なんて・・・イヤミかよ」

井上は青峰につぶやいた。

叶わぬ望み

完全に失望する青峰は思う。

『ちょっとマジメにやったらこれかよ?相手のやる気まで失せちまったら、もう、バスケの何が楽しいんだよ。』

青峰は黒子に言う。

「テツ。お前の言ったことは間違ってない。だけど、オレの欲しいもんは絶対に見つかんねぇ。オレに勝てるのはオレだけだ。」

試合は、帝光169-上崎81 ダブルスコアで勝負はついた。

試合後、青峰は一人にしてくれ、と外に出て行ってしまう。
黒子も、そんな青峰に声を掛けることが出来なかった。

そんな黒子に荻原シゲヒロが電話が入る。

「ワリィ・・・黒子。負けちまった・・。ワリィ」

帝光の第二試合開始直前、青峰が戻ってくる。

「いけるか?」

赤司の問いに、青峰は冷たい視線で答える

「・・・ああ」

試合が始まると、青峰はいつも以上に点数を重ねる。
しかし、チームメンバーには投げやりで、不安を感じるプレイに映る。

だが、もっと深刻なのは黒子だった。
パスミスをするなど、プレイに精細を欠く黒子は途中交代となった。

試合は、青峰が40得点を記録し、帝光は圧勝する。
翌日の準決勝でも、青峰は51得点を記録し、決勝へとコマを進めた。

そして決勝戦。
組み合わせは、帝光中VS鎌田西中。
鎌田西は、双子のプレイヤーを擁していた。

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第270Q 「お前だったんじゃねーか」

ゾーンを超えたゾーン 『みんなの応援を聞いた時、カラッポの体に力が湧いてきたと同時に。突然霧がはれ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第232Q 「決勝戦試合開始!!(ファイナルティップオフ)」

決勝開戦 ついに試合が開始された。 最初のジャンプボール、火神は木吉に願い出る。 「ジャン

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第246Q 「まだだよ」

絶望の淵 誠凛はこれまで何度も絶体絶命の窮地を乗り越えてきた。 それを実現したのは、どんな時も決

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第259Q 「絶対止めてやる」

望むところだ 実渕のスリーポイントを止めた日向。 自分のシュートを止められたことで、実渕は闘争心

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第271Q 「百年早い」

いつかやってみてーな 真のゾーンに到達した火神と誠凛選手たち。 火神と黒子は赤司のディフェンスを

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第250Q 「覚悟の重さ」

ゾーン再び 火神は再びゾーンに入った。 しかしそれでも赤司にはかなわないと、多くの選手が思ってい

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第229Q 「行ってきます」

決勝の朝 黒子の話を聞いた翌日。 ついにウインターカップ決勝を迎えた。 最終決戦を前にした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑