*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第215Q 「がんばりましょう」

公開日: : 最終更新日:2013/11/06 ストーリーダイジェスト

全中開幕

黒子の友人である荻原シゲヒロは、全中での黒子との対戦に向けて、熱のこもった練習に励んでいた。

一方黒子は、激しい練習についていくのが精一杯。
だが赤司から、全中は一日二試合、この程度ついてこなくては困る、と激を飛ばされる。

元気の無い状態が続いていた青峰も、黒子のお陰か、元の調子を取り戻していた。

全国中学校バスケットボール大会 通称「全中」は、毎年8月に行われ、高校のインターハイに相当する、中学バスケ最高のタイトルである。

大会日程は開会式を除くと3日間。
計24校の頂点を決める戦いは、一日2試合をこなす必要がある。
3日間で6試合。この過酷な戦いを生き抜いた一校のみが中学最強を名乗れる。

全中の開会式が終わり、黒子と荻原は2年ぶりの再開を果たす。

「やるとしたら決勝だな。絶対勝ち上がるからな」

と荻原は黒子との誓いを新たにする。

「ボクもです。頑張りましょう」

と黒子もそれに応える。

プレッシャー

全中初日、帝光中学校の一回戦は、超満員という異例の事態となった。

帝光メンバー全員にのしかかるプレッシャー。
帝光の選手に負けは許されない。
負けは論外。苦戦もダメ。最強だからこそのしかかるプレッシャー。

「こればっかりは天才も凡人も大差ねーぜ」

と虹村は話す。

それでも、赤司を中心にゲームを進め、帝光は決勝トーナメントに出場を果たす。
凄まじいプレッシャーの為か、いつもより疲れを見せるメンバー。

試合後、青峰は上崎中の井上と再開を果たす。
井上は、去年青峰と同じポジション同士で競ったプレイヤー。

「青峰君と1対1で競ったのはあの人くらいかも」

と桃井は話す。

上崎中もリーグ戦を突破していた。
そして、決勝トーナメント一回戦の相手は、上崎中だった。

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第240Q 「大マジメさ」

不可解なマークチェンジ 黛には全く理解が出来なかった。 自分に伊月がマークとしてつくのは、伊月の

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第209Q 「できるさ!」

青峰の想い キャプテンの虹村とコーチの真田が黒子を降格させる話を耳にしてしまった青峰は、思わずその

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第230Q 「受けてやろう」

ついにウィンターカップ決勝 ウィンターカップ決勝と3位決定戦が行われる朝、青峰はチームメイトと共に

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第261Q 「十分(じゅうぶん)だろ」

赤司のゾーン 会場に来ていたキセキの世代全員が、その光景に目を疑った。 ゾーンに入っ

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第239Q 「気に入った」

類似点と相違点 黒子テツヤと黛千尋には類似点があった。 存在感が希薄であること。 それを本

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第213Q 「獅子搏兎」

人間観察 学校帰りに黒子と話す青峰。 黒子は、プレイスタイルを変えてから、人間観察をするようにな

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第272Q 「すべてを懸けろ!!」

7点差 赤司にスリーポイントを決められてしまい、点差は7点に拡がった。 何が何でも洛山の攻撃を止

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第221Q 「テツヤ」

反抗 「オレより弱い人の言うことは聞くのやだ」 紫原は赤司に向かって言い放った。 突然の言

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第226Q 「勝利ってなんですか?」

荻原と赤司の対面 決勝を前に負傷した黒子。 そこへ、黒子の見舞いに荻原がやってくる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑