*

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第208Q 「大丈夫です」

公開日: : 最終更新日:2013/11/29 ストーリーダイジェスト

デビュー

交流戦の会場へと入る帝光中学校。
余裕を見せる面々とは対照的に、これが人生で初の試合となる黒子は緊張を隠せなかった。

kurokonobasuke-q208-3

本来スターティングメンバーだったはずの灰崎が仮病で休みのため、急遽黒子がスタメンとなった。
会場中の注目を集める帝光中学の試合。

kurokonobasuke-q208-4

帝光ボールでの試合開始となったが、開始一秒で足をもつれさせて転んでしまう黒子。
鼻血を出してしまったため、レフェリーストップがかかり虹村と交替となってしまった。

kurokonobasuke-q208-5

中学No1ポイントガードの呼び声が高い虹村の登場で会場はざわめく。
虹村がポイントガードとして他のメンバーを生かし、帝光は圧倒的な力を見せた。

kurokonobasuke-q208-6

懸念

しかしコーチの真田には懸念材料があった。
それは、一年であるがゆえのスタミナ不足。後半から全員のパフォーマンスが落ちてしまうことだった。

そして、黒子であった。

kurokonobasuke-q208-7

虹村と交替し、再度試合に出場する黒子。
しかし、緊張とプレイスタイルを完全にものにしていないという不安定さからかミスを連発してしまう。

kurokonobasuke-q208-8

試合は帝光の勝利に終わったが黒子は落ち込んでいた。
そんな黒子を青峰は励ます。

「元気出せってテツ!次で挽回すりゃいーさ」

kurokonobasuke-q208-9

帝光は、午後にもう一試合残しているのだった。

降格

青峰は、買い出しに行く途中、キャプテンの虹村と、コーチの真田が話をしてるところへ遭遇する。

「次はない。さきほどの試合で十分わかった。黒子はやはりダメだ。降格してもらう」

青峰は、真田の非情な言葉を耳にするのだった。
kurokonobasuke-q208-10

関連記事

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第249Q 「こっからだぜ」

こっからだぜ 黒子がパスをスティール! すぐさま誠凛がカウンターを仕掛ける。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第211Q 「じゃーな」

赤司キャプテン 主将の虹村は、コーチの真田に自分ではなく赤司を主将として欲しい、と願い出た。 し

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第210Q 「わかってたこった」

キセキの世代 基本的なスキルはまだ劣るものの、一軍の練習にもついていけるようになった黒子。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第218Q 「せめて今だけでも」

逆転 青峰は監督の言葉を受けて、復活を見せた。 4ファウルでありながら、試合に出場する。

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第248Q 「まだゆずる気はありません」

復活 ついに黒子がコートへと戻る。 しかし、黒子本来の特性は失われたままだった。 その証拠

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第256Q 「これでも必死だよ」

手がかり 実渕の【天】のシュートに反応したものの、惜しくも止めることが出来なかった小金井。 会場

記事を読む

no image

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第217Q 「行こうぜ」

勝利のために 全中二連覇のかかった決勝戦。 主将である赤司を始めとするキセキの世代は、試合を

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第220Q 「忘れちまった」

紫原敦 帝光は相変わらずの強さを誇っていた。 特に紫原は、これまでパワーと体格で他を圧倒していた

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第266Q 「誰だお前」

誰だお前 誠凛90-洛山92 残り5分。 ついに1ゴール差にまで追いついた誠凛。 たま

記事を読む

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第245Q 「奇跡は起きない」

チームの両足 点差は17点差。 誠凛は有効な手を打てぬままジワジワと離されていくばかりだった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒子のバスケストーリーダイジェスト 最終回(275Q) 「何度でも」

何度でも 黒子のパスから、アリウープを決めた火神。 最

第274Q 「バスケットに懸けてきた人生の、価値を証明せよ!!これが正真正銘のラストプレー。」

第274Q 「試合終了(タイムアップ)」 第274Q

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第274Q 「試合終了(タイムアップ)」

ラストリバウンド 最後の望みをかけて、日向はわざとフリースローを外し

黒子のバスケストーリーダイジェスト 第273Q 「これが最後のプレイだ」

最後の反撃 伊月のイーグルスピアでスティールに成功した誠凛。

第273Q 「瞬き禁止。」

第273Q 「これが最後のプレイだ」 第273Q「こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑